2006年05月08日

劇場『ホテル・ルワンダ』

2004年製作 南アフリカ・イギリス・イタリア
監督:テリー・ジョージ
特別顧問:ポール・ルセサバギナ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、デズモンド・デュベ、デイヴィッド・オハラ、カーラ・シーモア他
“アメリカの劇場数館で公開されたが、瞬く間に評判となり、公開のめどが立っていなかった日本にもその興奮が飛び火し、ネット署名運動を展開。5000通もの署名を集め、その熱意でついに日本公開!”という大注目作。アタシも署名しました。ドン・チードルが超いいひとで超泣けました。隣の隣の隣の席のひとがじゅるじゅるゆって泣いてた(間は空いてました)。とにかくこおゆうのはたくさんのひとに観てもらわないといけない。戦争とは言わないんだろうけど、他の国とか国連とかが介入だの平和維持だのと偉そうなこと言って係わっておきながら結局あんなことになっちゃって難民とか出てるという事態。どうかしてる人間はどこにでもいくらでも居るワケだけど、そうでない人間は「それをやったらああなりますよ」的なことを言ってやることはできるし、是非言ってやらねばならないというワケだ。ポールさんがんばった。しかし同じ人間(しかもルーツだって同じはずの隣人)をゴキブリ呼ばわりするなんて(映画の中で何十回も言ってる)、全くどんなご身分なんでしょうな! ぷんすか! 話は変わりますが最近なんとなくドン・チードル祭りですね。もっと楽しい役どころとかもいろいろ観たいですね^^
posted by のりすけ at 09:05| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-05-17 12:55

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 製作年度 2004年 製作国 イギリス/イタリア/南アフリカ 上映時間 122分 監督 テリー・ジョージ 製作総指揮 ハル・サドフ 、マーティン・カッツ 脚本 テリー・ジョージ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-08-28 10:40

ホテル・ルワンダ~勇気・愛、涙・祈り
Excerpt: 巷で話題になっていた映画「ホテル・ルワンダ」をようやく見に行ったので感想を。すごかった。この映画は、ルワンダで実際におこった「フツ人によるツチ人大量虐殺」を元にした作品だ(一説には80万人、人口の10..
Weblog: Muse on Music.
Tracked: 2006-08-28 12:20

愛する家族を守りたい。ただ1つの強い思いが1200人の命を救った・・・。―真実の物語―「ホテル・ルワンダ」
Excerpt:
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2011-10-15 01:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。