2006年05月23日

DVD『クライ・ベイビー』

1989年
監督&脚本:ジョン・ウォーターズ
出演:ジョニー・デップ、エイミー・ロケイン、スーザン・ティレル、イギー・ポップ、トレイシー・ローズ他
とりあえず若くて美しいジョニー扮するぴちぴちのイケイケの“ツッパリ”が、とっっってもお似合いです。顔の線がリーゼントに似合ってるというか。ジョニー好きなら絶対に外せない一品(?)。ただ体が華奢なので“キング”と呼ばれる所以がよくわかりません。歌が上手けりゃ良いってどんな不良? そりゃシビれる歌を歌って女とゆー女が片っ端から股開くってんなら周りの人間は一目も二目も置くでしょうが・・・とか思ってたら、これはミュージカル映画なんだそうでw えええええー。観終わって特典映像見るまで気付かなかったの、アタシだけ? それと舞台が50年代とゆーことで色んなところがダサいというか古いというかですが、ファッションは嫌いじゃないでつ。不良たちの服装、けっこういかす。むしろお上品な方々のしゃちほこばった服装の方が笑えた。最後の方の、お上品な方であるはずのお坊ちゃんの卑劣な罵り方が(良い意味で)妙ですね。あいつ殴りたい。それにつけても役者達が個性的というかキョーレツとゆーかツワモノ揃いとゆーか、キャラクターの迫力が凄いっす。

posted by のりすけ at 22:06| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。