2006年06月14日

劇場『かもめ食堂』

監督&脚本:荻上直子
原作:群ようこ
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ他
エンディングテーマ:井上陽水「クレイジーラブ」
ゆったりマッタリとイイ物語でした。ニンマリ笑って終われる映画は良いですね。すごーく穏やかな気分で家路につけるってシヤワセですよ。ただ無性にコーヒーが飲みたくなっちゃったので、その辺のドトールで一息ついちゃいましたけどw よりによってドトールで、しかもブレンドかよ・・・って気はしたんですが(;´Д`) どうせコーヒーの味なんてアタシにゃわっかんねぇんだから良いの。気分の問題だし。と自分に言い聞かせて映画の余韻を味わってからおうちに帰りました。これ観て初めて思ったんですが、小林聡美って美人ですね。片桐はいりのおかげでしょうか。いや、なんつぅか、怖かったですミドリさん。というかサチエさんがいいひとすぎるのかも。この凸凹コンビだけでもけっこう面白いのに、トドメとばかりにもたいまさこが加わると正しくニッポンの珍味勢ぞろいといった趣で、些細な台詞や仕草も目が離せませんです。ほんとおもろい。ヤルッコ君のすっとぼけぶりも超キュート。ニャロメが似合うフィンランド人は彼をおいて他にいまい。もう、フィンランドに行ってみたくなるね。ニャンコはラヴリーだし。すごくいい国っぽい。たぶん行かないけど。エンディングテーマがまた居心地いいなァ、と思ったら井上陽水。これもいいチョイスですねー。声がすごくこの映画に似合ってる感じがした。というか全体的にセンスが良いっす。マサコさん用の“買ってきちゃった”衣装の狙いどころもすごくイイ。“トンミ”の当て字も色んな意味でバランスが良かったし、書いてあげた字の無駄に達筆なところもイイ。当たり前のよーにフィンランド語を話し当たり前のよーにフィンランド人と絡んでる小林聡美と、何を受信して何で通信してるか全く分からないもたいまさこには脱帽。いやあ、いいものを観た^−^

posted by のりすけ at 00:23| 群馬 ☁| Comment(6) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバありがとうございました。ホントにいいもの見たって感じでした。私も。
なにを受信して、なにで通信してるかわからないマサコさん…
たしかにそんなふうに見えました。
ニャロメTの青年も、キュートでしたね。
私はつられてシナモンロール食べちゃいました。
Posted by 17season at 2006年06月14日 23:45
ありがとうございます。
ワタシもシナモンロール食べたくなりました♪
勢いで作っちゃおうと思ったら家人にシナモン嫌いって言われて悩んでますw
近所のパン屋さんにシナモンロール作って〜ってお願いしちゃおうかな^^;
Posted by のぞみ at 2006年06月15日 22:20
訪問&トラックバックありがとうございます^^
ホント彼女たちのゆるゆるのほほんな生活は(本当は大変なんだろうけど^^;)今の忙しい日本人に観てほしい感じてほしいと切に思いましたw
にんまり笑える作品、最近は少ないので充実した時間でした^^
Posted by かゅちん at 2006年06月16日 17:11
ありがとうございます。
ゆるゆるのんびり、なるようになるさ的な生活、いいですよね〜。是非そうやって暮らしてみたいですね^^
ここまで平和でニンマリして満足できる映画って、あんまりないですね。
貴重な体験ができたのかもしれません^−^
Posted by のぞみ at 2006年06月17日 04:28
TBありがとう。
細かいところまで、計算されてつくっていますね。観客には、ざっと、出しているように、みえるんですけどね。
Posted by kimion20002000 at 2006年06月24日 21:49
ありがとうございます。
なんでもないようなことをなんでもないように見せるのって、実はちゃんと計算しないといけないのかもしれませんね。映画つくったことないからよくわかりませんけど><
Posted by のぞみ at 2006年06月25日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画 『かもめ食堂』
Excerpt: このBlogは重めのネタが多いので、ここらでちょっとほのぼと...(笑) 先月観た映画。 Finlandでの公開も決まったらしいですね。 『かもめ食堂』 2005年 ruokala lokki 監督..
Weblog: Death & Live
Tracked: 2006-06-14 23:45

『かもめ食堂』を観て来ました!
Excerpt: 『かもめ食堂』鑑賞レビュー! かもめ食堂。 それはフィンランドの ヘルシンキにありました。 ハラゴシラエして歩くのだ。 (注)ハラゴシラエしてから観る..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-06-20 05:59

NO.155「かもめ食堂」(日本/荻上直子監督)
Excerpt: たった2館で上映された「かもめ食堂」は、 女性たちの先進的な意識にシンクロした。 もともと東京と横浜の、たったふたつの単館で、この作品は上映された。多くのミニシアター系映画と同様に、評判がよければ、..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-06-22 16:23

映画のご紹介(149) かもめ食堂
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(149) かもめ食堂-カモメ食堂の静けさが心地よい。 昔、太った三毛猫を飼っていて、その猫に餌..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-07-01 21:39

『かもめ食堂』
Excerpt: それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-07-10 17:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。