2006年06月25日

劇場『バルトの楽園』

監督:出目昌伸
出演:松平健、ブルーノ・ガンツ、阿部寛、國村隼、オリバー・ブーツ、コスティア・ウルマン、高島礼子、大後寿々花、他
第1次世界大戦のとき、日本軍の捕虜になったドイツ軍の兵士約4700人を収容した収容所でのできごと。主に「捕虜だからガイジンだからと言わず、暖かく接してくれた村のひとびとと優しい所長さんが居たんですよ、日本人ってステキよね〜」とか言いたいんだと思う。まぁステキなのは認めるとしてもw 「誰だって逃げ出したくなるよーな収容所」がデフォだったのは想像に難くないけど、そこんとこをちゃんと描いていない。日本人の余所者嫌いも、露骨なひとは露骨だけど、ホントはもっと村人たちも酷かったはずだと思うんデスヨ。市原悦子のわざとらしさはもう慣れたけどさ。全体的にいいところ+いいひとだけを見せてたように感じられなくもない。野外で演奏している半素人オケの演奏が素晴らしすぎてどうしよう。男女混声を男声のみにアレンジしたりして(超素晴らしい!)、手弁当でやってるっつー雰囲気だからイイんぢゃないのか。もしかしてカラヤン指揮の映像を見せたかっただけですか? それだけのためのアートネイチャー? ちょっとついていけません。とか言いつつ、ハンカチぐっしょりで泣いてましたが;; お涙頂戴だらけで辟易しつつ大泣きw おまいら他に言及すべきことがあるだろが。と思いつつ、鼻チーーーン(;うд`) ちなみに「バルト」とはドイツ語で「髭」のことだそうです。髭の楽園。髭の展覧会。髭祭り。ヒゲ部。

posted by のりすけ at 09:22| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

あの日の第九へ 後編〜バルトの楽園(がくえん)よ、ありがとう〜
Excerpt: 試写会にそんな期待していないと、当選して、あげくのはてに観にいったソレがイイという展開が多いてれすどん2号です(笑)イイなんてもんじゃありません、号泣!(笑)その理由は前編でご想像ください(笑)キーワ..
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-06-25 13:42

バルトの楽園(がくえん)
Excerpt: 1914年、第一次世界大戦で日本軍は、ドイツの極東根拠地・中国の青島(チンタオ)を攻略した。ドイツ兵4700人は捕虜として送還され、日本各地にある収容所に収められる事となる。厳しい待遇が当然な収容所の..
Weblog: 多いに語り多いに笑う
Tracked: 2006-07-05 17:04

バルトの楽園(がくえん)/出目昌伸
Excerpt: 信頼は立場を越え、国境を越え、人と人をつなぐ最も重要なものだと松江所長は教えてくれました。寛容な心を持ち、相手を信頼したいという意思表示が、コミュニケーションの第一歩であることは、現代においても全く変..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-09 01:28

バルトの楽園
Excerpt: ★★★★  松平健の、いかにも付髭という感じが嫌で、この映画を毛嫌いしていたのだが、それは大きな誤算だった。それどころか、この作品は稀に見る傑作だったのである。 時代背景は、第一次大戦で、敵はドイツ軍..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2006-07-09 15:56

【劇場鑑賞65】バルトの楽園(がくえん)
Excerpt: 『第九』初演の地・坂東俘虜収容所 国境を越えた真実の友情がそこにあった なぜ、彼はドイツを信じようとしたのか。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-07-10 20:44

バルトの楽園
Excerpt:  戦前の軍隊は、武士道の名残りから、捕虜になることを潔しとしない風習がありました。その結果、敵国の捕虜は卑怯者とみなすこととなり、扱いは実に
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-07-25 06:02

バルトの楽園
Excerpt: ご無沙汰です。身の回りで色々とゴタゴタしてて、ちょっと映画はお休みしております。まったく観てないわけではないのですが、なかなか書く時間がありませんでTB、コメントしてくれた方、放っておいてすいませんで..
Weblog: Welcome to Greenwood
Tracked: 2006-07-29 10:09

バルトの楽園
Excerpt:  今回は『バルトの楽園』この流れでこれと言うのが我ながら理解不能だが見たかったのだから仕方が無い。
Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂
Tracked: 2007-01-27 18:47

「バルトの楽園(がくえん)」
Excerpt: なぜ今この作品を見ようかと思ったか??? 主演の松平健の元妻・大地真央の再婚記念・・・という事でっ。(超こじつけだけど)
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-03-29 03:23

映画『バルトの楽園』
Excerpt: 第一次世界大戦(1914〜1918)のことが語られることは少ないが、海軍はマリアナとカロリン諸島、陸軍は青島のドイツ軍攻撃などで相応の戦死者が出た・・・ ハインリッヒ少将(ブルーノ・..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-08-30 02:19

映画DVD「バルトの楽園」
Excerpt: 2006年 日本 監督:出目昌伸 主演:松平健   ■ストーリー 1914年ドイツ人捕虜が日本に送還された 2年間の過ごした劣悪な久留米..
Weblog: 映画DVDがそこにある。
Tracked: 2007-09-27 18:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。