2006年06月25日

劇場『隠された記憶』

監督&脚本:ミヒャエル・ハネケ
出演:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、モーリス・ベニシュー、アニー・ジラルド、ベルナール・ル・コック、ワリッド・アフキ、レスター・マクドンスキ他
舞台はフランスですが、監督はドイツ生まれ。お話もフランスならではのものではなく、北欧でもアメリカでもオーストリアでも撮ることはできたという。それは兎も角、いやテーマとか問題視されるべきナニカとかそおゆうのを考えさせるのよりも先に、忍耐力が要るのである。冒頭からイライラさせまくり。それなんて罰ゲーム?w またかフランス人め(←誤解ですorz)・・・等と心の中で悪態をつきながら、終始そんな感じでひたすら気味が悪い。そして何にも解決しないまんま最後まで行っちゃうのである。いや、映画として言いたいことを言ってるのは分かるけどさ、物語としては解決してねえっつう。だから結局誰なんだよビデオ撮ってんのは! もうそこばっか引っかかってて素直に観れてなかった部分もあるかもしんない。2番目に気に食わないのはジョルジュさんの自己中っぷり。ひとの気持ちを何一つ理解しようとしない態度。うんざりし通しですた。あれじゃあ復讐とかされるのも当然だわ。人気キャスターともなると口の役割が一般人とは違うのであろう。平気で嘘もつくし、最悪だ。まぁ、そうでなきゃこの映画成り立たないんだけどもw ピエロ君はカワイかったね♪ ふわふわの髪が超キュート! ちなみに後半では高らかにイビキを響かすオヤヂが発生していました。そんなあんばいで、ちっともスッキリしません。しかもパンフが800円。馬鹿にしすぎ(普通は600〜700円)。あ、あのショッキングなシーンは流石にビクッとしますた。心拍数跳ね上がった。悲鳴は聞こえなかったけど、みんなが一斉に息を飲んだ音はした;; ジョルジュさんにとってアレ以上の仕返しは無いと思えちゃうくらいなんだけど、でも終わらないっぽいんだよね。何故ならジョルジュさんがそんな目にあってもまだ気付かないから。不憫ではある。

posted by のりすけ at 11:00| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のぞみさま初めまして、こんばんは。
TBありがとうございました。
ほんと、監督意地悪や〜〜という困った映画でしたよね。
ラストよりも、あのシーンのほうがよほど衝撃でした。

Posted by 武田 at 2006年06月25日 19:31
いらっしゃいませ、こんばんわ^^
そう!“衝撃のラストシーン”って、「は?」ですよね。あのシーンに比べたら・・・><;
監督が意地悪っていうか、ワタシとしては映画の中で全てが収まってない物語というのが気に食わないです。。考えさせられる映画としては素晴らしいと思いますけども。
Posted by のぞみ at 2006年06月26日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

隠された記憶
Excerpt: 『Cache(Hidden)』2005年フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア【ネタバレ気味・・】        &n..
Weblog: 終日暖気
Tracked: 2006-06-25 19:25

「隠された記憶」何気ない日常の裏には恐怖が潜んでいるのかもし...
Excerpt: 「隠された記憶」★★★ ジュリエット・ビノシュ、ダニエル・オートゥイユ 主演 ミヒャエル・ハネケ監督、2005年、イタリア オーストリア ドイツ フランス 穏やかな普通の暮らしをしている家庭..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-07-27 18:11