2006年06月25日

劇場『カサノバ』

監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ、オリヴァー・プラット、レナ・オリン、オミッド・ジャリリ、チャーリー・コックス、ナタリー・ドーマー他
ジャコモ・カサノバっつぅ実在したひとが自伝を書いてて、そこで「官能を極めること、それが何よりも重要だった」とかゆっちゃってるワケです。だけど単に女を食い散らかしていたのではなく、その何十人だか何百人だかを「真面目に」愛していたという。単なる空想に終わっておらず正確に事実を述べているのだそうな。しかし究極のスケコマシであり放蕩者には違いない。つまり天然さんなんだな。それをこの映画ではコメディとして表現してしまったものだからさあ大変。ヴェネチアでの全編ロケや豪華な衣装の数々、錚々たる顔ぶれの役者たち、その一切合財を笑い飛ばしちゃおうという、ある意味ユカイツーカイな物語、とワタシは思った。ヒース・レジャーが超カッコええしチャンバラシーンも超カッコええし盛装なんてヨダレ出るほど超カッコええから微妙にツッコミ辛いのですが、みんながコメディちっくだから、カサノバひとりが頓狂な人物であるとゆーことが目立たないんですな。むしろヒースだけがまともだった?みたいな(それは言いすぎ)。どーせやるならテッテーテキに“どんがらがっしゃーん!”をやって欲しかったなぁ。最後にいけ好かない小役人の面目を潰すだけじゃぁ、ねぇw あと期待してたよりも官能的なシーンが少なかった。端的に言うと、もっと気前良く脱いで欲しかったでちゅ!(*´ω`*) ん〜、ヒース以前のバージョンの『カサノバ』も観たいにゃ〜。

posted by のりすけ at 11:13| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。トラバありがとうございます。
こちらからもトラバさせていただきました。
STAYの感想アップしたばっかりでして、STAYのトラバをこっちにしてしまいました・・・すみません。
申し訳ないですが、STAYの方、削除していただけますよう、お願いしますm(__)m
Posted by Kitty at 2006年06月26日 14:28
TBいただきました。
こちらからもお返し致します。
恋のサヤ当てを活劇調に描いて、
嫌み臭みのない良心的な作品だったと思います。
レジャーはハマリ役でした。いい俳優だと思います。
Posted by 栗本 東樹 at 2006年06月26日 20:38
>Kittyさま:
ありがとうございます^^
了解です、気にしないでくださいね。またよろしくお願いします。

栗本 東樹さま:
ありがとうございます^^
気軽に楽しめる良い作品ですよね!ヒース・レジャーの今後の活躍も楽しみです。
Posted by のぞみ at 2006年06月26日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カサノバ
Excerpt: *注* ネタばれ含みます カサノバ=イタリアン・プレイボーイっていう前知識だけで臨みました。 昔のカサノバの映画も知らないし、ロンドンでやってた時にポスターを見てただけなんですが、なんとなくロマンチッ..
Weblog: Carpe Diem
Tracked: 2006-06-26 14:21

カサノバ
Excerpt: 魅惑の伊達男、Viva Casanova!!
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-06-26 19:33

モテる男は何が違う!? イイ映画はここが違う! 『カサノバ』!
Excerpt: 「人間、金が欲しいかって言われたら、そりゃ欲しいですよっ!」 とボヤいて話題になったと言えば、 今から26年前の1980年に竹薮で1億円を拾って有名になった故・大貫さんだが、 「人間、モテた..
Weblog: 瓶詰めの映画地獄 ??地獄が闘えと俺を呼ぶ??
Tracked: 2006-06-26 20:34

カサノバ
Excerpt: 「カサノバ」観てきました。今売り出し中の若手、ヒース・レジャーとシエナ・ミラーの共演。シエナ・ミラーといえばジュード・ロウと一度は婚約までして振った事で有名になった女優さんですね。 最初、英語を喋るカ..
Weblog: Cherryのブログ
Tracked: 2006-06-28 23:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。