2006年07月02日

DVD『007 ロシアより愛をこめて』

1963年
原題:『007 From Russia with Love』
監督:テレンス・ヤング
原作:イアン・フレミング
出演:ショーン・コネリー、ダニエラ・ビアンキ、ペドロ・アルメンダリス、ロッテ・レーニア、ロバート・ショウ他
ジェームズ・ボンド2作目。1作目と比べて予算が2倍だったそうで、それわもう派手にやってくれてます。列車・ボート・ヘリコプターと大立ち回りですよ奥さん。爆破シーンだってCGなんぞありませんので、ちゃんと殺傷力のある爆薬使ってますのでちゃんとリアルです。でも今回は微妙にフェロモン少な目だったよーな。ボンドガールがキッツい系だからでしょーか。それともキッツいおばちゃんがキッツい演技で「うわ〜」ってなってたからでしょーか。敵のおにーさんがマジックミラーで新婚初夜wを覗くなんてゆう趣味の悪いことをやっちゃってるからでしょーか。敵なのか味方なのか? 敵の敵は味方の敵なのか??? という力関係が分かりづらかったけど、まぁハッピーエンドには違いないから分かんなくてもオッケーですよね。美人で忠実なはずの部下でも色恋が絡むと使えなくなっちゃいますよ、という教訓でした。

posted by のりすけ at 16:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。