2006年07月19日

劇場『ゆれる』

原案&脚本&監督:西川美和
出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、蟹江敬三、他
監督さんが夢で見た異様な光景を原案としたお話だそうなんですが、女性が男兄弟の関係を描くとゆーのは驚いていいのかな。アタシ女だからいいか。驚きました。まぁこの場合はあんまり性別に係わらない気持ちな気がするから、アリなのか。そうか。とにかく、要所要所で見せる心の動きが毎回毎回心にずっぷり刺さって大変でした。アタシはオダギリジョーはちっとも好きじゃないし(イイ男だとも思ってないし)、演技もよくわかんないんだけど、香川さんはすげーと思った。あの背中! あの表情! 橋の上での“数パターンの回想シーン”も、何回目のも全部本物だから参った。「ゑ? どっちがホントのこと言ってるの?」「許すの?許さないの?」「キレてるの?キレてないの?」と、終始揺さぶられっぱなしです。最後まで一瞬たりとも気が抜けませんでした。しかも最終的な結末は観客任せ。観終わるとグッタリ疲れてた(褒め言葉)w ところで兄と弟のこーいった関係って、大概「自由奔放・遊び上手・楽観的・ちょいワルな弟」と、「生真面目・独身・堅実派・誰からも“いい人”って言われる兄」のパターンが多いよねーとか思ったんですが。デイヴィッド・モースとヴィゴ・モーテンセンの・・・えーっと『インディアン・ランナー』、あれも弟が放蕩者でした。兄は結婚してたけども。何故でしょう。やっぱり長男は家に残って継がなきゃなんなかったり、小さい頃から「しっかり弟の面倒をみるんですよ」って躾けられてるから、でしょーか。田舎を飛び出そうが留まろうが、それなりの人生だと思うけどな。隣の芝生は青いってやつなんかな。気の持ちようだよな。



それにしても兄ちゃんの、最後まで言わなかったあの気持ち。やっぱりどんなに引け目を感じている相手であっても、弟には負けたくないというのが兄であろう。どんなにヘタレでも男であるからして、女を寝取られたからとなれば(そもそもが付き合ってすらいなかったというのは置いといて)、ただ彼女に拒絶されたからというのと比べれば“カッとなった”度合いも格段に違うであろう。兄だからこそ、言わなかった。そのプライドこそが兄である唯一の証であり、故に切ない。
ところで最後のシーン、兄は駅に向かうバスに乗ろうとしてたっぽいけど、弟に気付いて笑みを漏らす(スローモーション?)。が、「憤怒の表情になったらどうしよう;;」って思ってたのはココだけの秘密です。もっともそこで微笑んだからといってその後が弟の望む方向へ話が行ったとも限らないワケで、そもそも兄が駅からドコへ行こうとしてたのか気にならないワケはないし、もしかしてとーきょーに行って弟に会いに行こうとしてたのかもだし、そーするとガソリンスタンドどうすんの?パパとバイト君は放置プレイ?やっぱり兄ちゃんは元の優しい兄ちゃんじゃなくなっちゃったの?なんて。妄想ひろがりんぐ(;^ω^)
posted by のりすけ at 01:46| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(16) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ゆれる』
Excerpt: 兄弟姉妹は生まれたときから敵同士だ。 親の愛情を奪い合うため死闘を繰り広げる。 面倒見のいい兄姉、上の子になつく弟妹がいたとしても そうしたほうが親のウケがいいと物心つく前に学び取った結果である。 友..
Weblog: 銀かえる hop,step,jabun!
Tracked: 2006-07-19 17:38

ゆれる
Excerpt: 友達と渋谷で映画。 M:i:?を観たかったが、友達がオダギリジョーファンで『ゆれる』に。 邦画はあまり観ないので、全然期待していなかったが、これはぞくぞくするほどの快作。 <ストーリ..
Weblog: 一流日記
Tracked: 2006-07-19 22:06

ゆれる
Excerpt: 映画館で、出演:オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/木村祐一/ピエール瀧/田口トモロヲ/蟹江敬三/原案・脚本・監督:西川美和/作品『ゆれる』を観ました。 ●感想  ・本作..
Weblog: Rohi-ta_site.com
Tracked: 2006-07-22 18:50

ゆれる
Excerpt: 東京で写真家として成功している猛は、母の一周忌で久しぶりに帰郷し、兄の稔と兄の下で働いている幼馴染の智恵子の3人で、かつて家族で遊びに行った近くの渓谷に出かけます。智恵子と稔の二人が渓谷にかかった吊橋..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-07-28 07:19

「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる
Excerpt: 「ゆれる」★★★★ オダギリジョー、香川照之 主演 西川美和 監督、2006年 眩しいくらいの緑の反射を受けて ゆれる吊り橋。 大いなる自然のなかで、それはあまりに 頼りない。..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-07-31 23:26

ゆれる
Excerpt: ゆれる監督:西川美和出演:オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/他写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は...
Weblog: マボロシログ
Tracked: 2006-08-03 18:45

【劇場鑑賞77】ゆれる
Excerpt: 弟 ―東京の売れっ子カメラマン 兄 ―家業を継いだ独身の男 事故か 殺人か 愛情か 憎しみか あの橋を渡るまでは、兄弟でした。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-08-05 00:46

【劇場映画】 ゆれる
Excerpt: ≪ストーリー≫ 写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-08-06 20:37

「ゆれる」〜香川照之の怪演光る
Excerpt:  観客の約8割はオダギリジョー目当てと思われる女性。そんな満員の京都シネマで、「ゆれる」(西川美和監督)を観た。オダギリジョーは、ぼさぼさのひげ姿だが、ハンサムでセクシーすぎて、男にとっては敵意すら感..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-08-06 22:40

『ゆれる』
Excerpt: リアル度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:]      2006/07/08公開  (公式サイト) 緊迫感 [:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]  満足度 ..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2006-08-17 11:25

ゆれる
Excerpt: 『蛇イチゴ』の西川美和監督による、重厚なドラマ。本音と建前、明と暗の間でゆらぐ人の心、それと同様に揺れ動く人と人の関係の不確かさを、綿密に練り上げられた演出とストーリーで見事に撮りあげた。兄の心..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-08-28 20:41


Excerpt:  兄弟に限らず確執や葛藤といった人間の内面を描く作業は、映画のもっともむずかしいところでしょう。  この作品はそのむずかしい作業にあえて挑み
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-09-13 21:01

ゆれる
Excerpt: 夏休みは大作、話題作ばかりだったので、 ミニシアター系の地味なやつが見たいと思い、 ちょうどあってたこの映画を見て見ることに。 原案・脚本・監督  西川 美和 出演  オダギリ ジョー..
Weblog: PLANET OF THE BLUE
Tracked: 2006-09-19 15:36

ゆれる
Excerpt: 出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 監督 西川美和 母の一周期で帰省
Weblog: いろいろと
Tracked: 2006-12-17 10:42

≪ゆれる≫(DVDレンタル@2008/01/01)
Excerpt: 元旦の昼は<バーミヤン> で食事した後にすぐ隣にあるレンタル店へ 今年一本目の映画に何を観ようかと悩んだ結果… ゆれる まぁ、暗めで正月っぽくはな..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-01-15 16:30

映画「ゆれる」
Excerpt: 監督:西川美和(ググったら カワイイ人で驚いたですよ賞 受賞) 出演:オダギリジョー(◎)香川照之(絶品!) 真木よう子  出演:木村祐一(とてもいいエッセンス)伊武雅刀    東京で写真..
Weblog: おそらく見聞録
Tracked: 2009-09-13 02:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。