2011年06月18日

DVD『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』

2010年 日本
監督:田崎竜太
出演:吉川晃司、桐山漣、菅田将暉、山本ひかる、木ノ本嶺浩、山本太郎、渡部秀、三浦涼介、高田里穂、君嶋麻耶、有末麻祐子、甲斐まり恵、宇梶剛士、大口兼悟、彩也子、神尾佑ほか

3パートに分かれてるのね。途中で思いっきり「東映」って三角のマークに波ざぶーんの画面が出てきて何事かと思った。2回ともw ダブルの本編は全部見てないんだけど、けっこう納得のいくモノになってんじゃないかなーと思う。おやっさんカッコよすぎて鼻血でそうでした。マツも無駄にいいキャラ。中の人には今後の活動もがんばってほしい。しっかし、こっちにもシュラウドが絡んでたなんて・・・ていうか最強なのはシュラウドだろ普通に考えてw あんたが全て解決したら話が早いんでないのw 何気に生身でヤミーと戦って無傷だしw 打って変わってオーズのパートはほとんどグズグズ。ノブナガの人が何気にいい雰囲気を醸し出している反動かどうか、グリードのみなさん(アンク含む)の立つ瀬が一切なかったw 正しく言えば出番が無かった。映司くんにメダルをホルダーごと持たせちゃったら、アンクの出る幕ありゃせんがなw ヤミーが恐竜形態でなければならない根拠もないし、ギルとやらも本編ではなかったことになってるし。これまたレッツゴーとかぶるけど(映画公開の時期と観た順が逆だけど)、「仮面ライダーの本当の強さ」みたいな部分が、オーズには(まだ)見当たらない。ダブルの中の人には言えても映司くんには言えないんじゃないか。まー別にね、ハートがなくても強けりゃいいって、思わなくもないけど。ってアタシが熱くなってもしょうがないんだけどorz はやく本編でタジャドル復活してほしいです。


「え!い!が!またみよ!う!ぜ!」に感動した!!

そろそろ声の人も表に出てきてくれてもいいんじゃないかw
posted by のりすけ at 15:50| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

桐山漣 主演映画
Excerpt: 中村蒼、三浦翔平、桐山漣…“イケパラ”イケメンキャスト発表! ‎2011年6月16日‎ そんな奇妙でせつない三角関係を中心にドラマは進行します..
Weblog: 自分探しの旅
Tracked: 2011-06-19 14:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。