2011年06月24日

劇場『スーパー8』

原題『SUPER 8』
2011年 アメリカ
監督:J.J.エイブラムス
出演:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ライリー・グリフィス、ライアン・リー、ガブリエル・バッソ、ザック・ミルズ、ロン・エルダード

本編が始まる前の予告をいくつか観てて、最近は「宇宙からやってきた未確認生物によって人類に危機が訪れます」系が流行ってんのかな?と思った。今日のハシゴはコレと『スカイライン』。CGとか、もうこのくらい普通にできて当たり前な時代なんだね^^;

しかしコレは、『ET』に通じるところがありますね! 悪ガキどもの突っ走りっぷりはホントにぶん殴りたくなること請け合いなわけですが、伏線も確実に拾うし、突っ走ってるけど行動原理がちゃんとあるというか人物に沿ってるというか。あのデブ、将来いい監督になるといいねw 何しろ主人公がカワイイのがGood。大人になっても崩れませんようにw あとエル・ファニングの鼻がもうちょっと美しかったら最高だ。父ちゃんズも素晴らしかったね。保安官代理の父さん、あんたはやってくれると信じていたよ! って本当の保安官さんも助かったのか。そうか。よかったじゃない。『ET』と『グーニーズ』とあとなんかお好みのクリーチャーを足して適当に割ってイケメン父さんを足したらこんな感じになると思う。いやあ泣いた泣いた。男子にとって、母親って存在は、ある意味というかある程度というかそれなりにというか、卒業するときがくるもんなのかね。いやあホラ、うちも走り出したら止まれなそうな男子が1匹いるもんで^^;

劇中で作ってた作品を、ちゃんと見せてくれたのは嬉しかった^^; 彼らが何歳の設定なのか分からないけど、、、小学校高学年くらい?かな? それなりにエライよね。もちろん無免許運転には鉄槌だが。
posted by のりすけ at 19:45| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。