2011年06月24日

劇場『スカイライン-征服-』

原題『SKYLINE』
2010年 アメリカ
監督:コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス(ザ・ブラザーズ・ストラウス)
出演:エリック・バルフォー、スコッティー・トンプソン、ブリタニー・ダニエル、デヴィッド・ザヤス、ドナルド・フェイソン

きっと『宇宙戦争』みたいに、なんだかんだ理由つけて主人公たちは無事でした〜ってなるはずだ、絶対! と心を強く持って観てましたが。。。 最後の最後の最後でマーベルコミックス的な熱い展開になってしまって、瞬時に血が沸騰したかのよーにドキドキしてたのはアタシだけではないはず。エンドロールで一気に手に汗握った。ある意味もったいない映画www でもその描写はラヴ故になんだけど、ラヴの“伝達度”は今日ハシゴで観た『スーパー8』の方が上。さすがスピルバーグ、つったら酷かw ともかくコッチは泣けなかった。最初から最後まで悲愴感しかない。感情が揺さぶられないのだ。あとテリーに関わる件も、アメリカ映画のトラブルメーカーのテンプレみたいでなかなか受け入れ難いw つぅかジャロッドさん、日本の芸人でこんな顔の人いたよね(名前がどうしても思い出せない)。ってアップで映る度にモヤモヤしてしまってどうにもイマイチ入り込めなかったのですが。アタシだけじゃないと思いたい。
posted by のりすけ at 20:29| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。