2011年07月04日

劇場『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』

2011年 日本
監督:竹本昇
出演:小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、千葉雄大、さとう里香、浜尾京介、にわみきほ、小野健斗ほか

今回も、公開期間終了間際に坊ちゃんと2人で滑り込みセーフ的な鑑賞。だったけど他の観客も同じようなノリでテンションMAXなお子様が各グループごとに見受けられました。驚きwww

ゲスト出演に大昔の戦隊ヒーローだった人たちとかけっこう出てますが、まぁほぼ知らないワケでありますからして「誰?何をいきなり語ってくれちゃってんの?」みたいな、「誰?この濃い顔。くどすぎw」みたいな気分になる瞬間がどうしてもあるんですが。今この戦隊モノにドはまりな世代の親って、たぶんゴレンジャーとかではないよね。アレ、もうちょっと上でしょ。だから微妙に「親子で楽しめる!」にはなってないんじゃねーかと思ってたんですよ。アタシの頃はサンバルカンなので、サンバルカンがだいかつやく!的な展開だったらもっと盛り上がっていたかもしんない。とは言え必殺技とか何一つ覚えていない。フィギュアとかメカとかを持ってたワケもないし、持ってたとしても大事にしてたかどーかw まぁそこは置いといてもだ。

現ヒーローと先輩ヒーローを戦わせるくだりは、たぶん必要なんだよね。だけどコレはなんかしっくりこない。先輩の方が勘違いしてて後輩を散々痛めつけた挙句、なんだかんだの末、後輩の方が「ふん、許してやるよ」ってどうなの。未熟すぎるよ天使たちw ていうかゴセイジャーで一番かわいいと専ら噂であったところのアラタの笑顔が少な目でちょっと残念でした。彼は本当にアイドルとして売れてくれたらいいと思う。他の連中も含め本当はどうでもいいのは内緒ですが。ゴーカイイエローのルカの声だけはわりと好きなので、今後も洋画の吹き替えとかで聴きたいと思うw んで最後の超展開ですが、『レッツゴー仮面ライダー』のそれよりはまだマシだと思った、てゆうかソレを踏まえたのでしょうか。ロボにまで出番があるとは流石です。それも飛んだり飛ばなかったりする役目的な意味でも。流石ですw そおゆう展開は良かったけど、昔の映像をつぎはぎせざるを得なかった部分については、いくらでもCG使ったらよかったんぢゃねえの、と思えなくも無い気がしなかったとも言い難い。まーゴーカイジャーがそもそもこういうコンセプトな戦隊なので、こういったお祭りもこれからはそうそう作られないんだろうね、と思うと乗っからずにおれんわ! というノリで。エンディングテーマはもう完璧に歌えますwww
posted by のりすけ at 22:20| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』(2011)
Excerpt: 震災の影響で製作が遅れ、当初予定よりも3週ずれ込んで、ようやく本日公開初日。 近所のシネコンでは一番大きなスクリーンを当てられるという人気ぶり。 客の入りは8割以上、だったかな。 時系列的には先..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2011-09-14 21:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。