2011年07月10日

DVD『バーン・アフター・リーディング』

原題『Burn After Reading』
2008年 アメリカ
監督:イーサン&ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマン、ティルダ・スウィントン、エリザベス・マーヴェル、リチャード・ジェンキンス、J・K・シモンズ、ブラッド・ピット他

豪華だけどトンデモというかナンセンスというか?w なにしろ能天気に観れるのがすばらしい。でも唯一のイケメンマッチョ係であるところのブラピが途中退場しちゃうのだけが残念かなー。いい年したオッサンオバサンの不倫とかどうでもいいんだけど。そりゃあジョージ・クルーニーともなれば主婦であろうとなかろうと中年女性を根こそぎモノにできる能力がおありなんでしょうけども。きっととゆーかもれなくアタシもなびく。まぁ厳密に言ってまだ中年に分類されたくないけどorz さておき、日本向けだけなのかどーかしんないけど、パッケージに書いてある『衝撃の結末!』とか『最高に痛快な罠』とかいうコピーが、微妙によくわからない。どの結末が衝撃だったり、どの罠が痛快だったりするんだろうw まー人死にも出てるし後味が良いとは言えないけど、リンダにとっては結果オーライな気がするし。アタシ的にはブラピがアレしちゃう以上の衝撃なんてねえし。ティルダさんが冷徹なのはナルニア国のときから知ってるし。うそですごめんなさい。そんな感じで、タイトル的にも意味不明なところがあったりなんかしてたりするんですが、英語的な意味合いはどうにも分からないところがありまくるのはアタシだけですねそうですね。どなたか優しい殿方が手取り足取り解説していただいたりなんかしていただけたら超うれしいです(≧▽≦)ノ☆
posted by のりすけ at 23:45| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。