2006年07月31日

DVD『ディア・ウエンディ』

原題:『DEAR WENDY』
2005年 デンマーク・ドイツ・フランス・イギリス合作
監督:トマス・ヴィンターベア
脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:ジェイミー・ベル、マーク・ウェバー、マイケル・アンガラーノ、ダンソ・ゴードン、ノヴェラ・ネルソン、クリス・オーウェン、アリソン・ピル、ビル・プルマン他
ジェイミー・ベルを眺めてよだれをたらそうと思ったんですが、いあ、深いですね。日本ってば銃社会じゃないし、アメリカ人がどう思うか知らないけど(って物語の舞台がアメリカなのにアメリカ映画ではないのねw)、銃に依存しちゃう気持ちもよく分かるしディックのような少年が存在することも理解できる。結局セバスチャンの言った“女を知っているかどうか。銃も同じだ”ということなんだね。ダンディーズ(この名前もイマイチだと思ったけど)の面々は、オコチャマだったんだ。“神殿”もいわゆる“秘密基地”だし、中でやってたこともオママゴトだった。ただその中心にあったものが銃であったというだけだ。お人形と泥だんごならどう間違ってもひとは殺せないけど、銃はそうもいかん。セバスチャン的には、ホントはディックに“保護”されてた立場なのに実はアッサリ逆転していた、しなきゃなんないってことがこれまたすぐさま分かっちゃって、まぁうんざりしたろうねw 「俺はバカだ」って言いながら最後まで付き合うしさ。いい奴だよホント。で一番最後のシーンなんだけど、警察屋さんがクララベルの従妹の家を集中砲火するじゃないすか。アレはやりすぎだと思ったのよね;; 従妹は少なくとも無関係なのにさ;; てゆーかディックは人殺してないっつぅか1発たりとも撃ってないやんか! ひどいやひどいや! だからアメリカのポリスメンは怖いのか。そうか。日本も見習うといいよ! <あれ?

posted by のりすけ at 12:20| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。