2006年07月31日

劇場『ゲド戦記』

監督:宮崎吾朗
製作:スタジオジブリ
申し訳ないですが、“こきおろすためだけに”観てきました。原作を読んだ上で予告編を見て、だめだこりゃーと思ったからです。話のタネにしかなんないよねーとか言いながらダンナと一緒に行きました(興行成績に貢献しちゃいました)が、正直言って話のタネにもなんなくて困ってます。まーねーせめてタイトルが『ゲド戦記』じゃなければまだ許してやってもいいかもねーとか言っちゃうほど困ってます。名前だけ借りて丸ごと違う話作るくらいなら初めからオリジナルストーリーを書け、と。原作ファン馬鹿にすんのもたいがいにせい、と。ジブリの威を借りて偉そうな口きいてんぢゃねえよ、と。つかどーしてそんなに本職の声優が嫌いなの?w どう贔屓目に聴いても棒読みじゃね? あんたそれで金取ろうって何様のつもり? でも音楽は良かった。「テルーの唄」は、単独で聴くとかなり良いと思う。“テルーの”、じゃあなければもっと良かったけど。あの子は歌だけ歌ってりゃよかったんだよな。一方、絵はなんか違うと思った。ジブリの絵ってこんなんだったっけ?? クライマックスでクモがうわああ〜になっちゃうトコは手抜きかと思ったのアタシだけ? テナーが普通の肝っ玉母ちゃんになっちゃってたのはややショックw アタシのイメージでは、どっちかっつーと痩せ型で、もうちょっとキツイ感じというかノーブルな空気が漂ってる感じだったんだけど。まー実際子供も産んでるし、ダメってゆーほどでもないかなぁ。って映画では子供出てきてないなw テナーがらみでは「墓所に居た頃」とか「ハイタカが私を闇から救い出してくれた」とかいうアレ。原作では第2巻を丸ごと使って描いているエピソードをほんの3行のセリフにしたところで説明になるわけねーっつーの。わっかんねーよ。それも伏線になるわけでもなく、そのセリフがアレンを助けるわけでもなく。ぐだぐだ。ハイタカはハイタカで最初から最後まで説教臭いし。クモについては、原作ではあんな強烈な印象は残らなかったんで微妙w 声は良かったと思う。ウサギは良いキャラしてましたね。あの顔の役割は分かりやすい^^; とゆーワケで、原作を読んでないひとはわりと普通に観れると思うけど意味不明な部分がかなり多くて困ると思うし、原作を読んでるとツッコミどころしかないので仕舞いには腹が立ってくるという、まぁ一口で言って「トンデモ映画」ですな。要はゴローちゃんが父ちゃんを刺したいんでしょ? 聡明でイケメン(のはず)のアレンに罪をかぶせるなんて最悪だ。ていうかアレンの顔と声もぜんぜん合ってなかったよ。ジャニーズなら、ジブリなら、なんでも許されるのか? お前らホント、いい加減にしてください。

posted by のりすけ at 13:12| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

実写版ゲド戦記 期間限定・無料配信中
Excerpt: ゲド 戦いのはじまり>期間限定・独占配信!『ゲド〜戦いのはじまり』無料配信中! - BIGLOBEストリームhttp://broadband.biglobe.ne.jp/sp_prg_info/ind..
Weblog: 昇龍伏龍
Tracked: 2006-08-02 17:35

『ゲド戦記』★その2
Excerpt: その1から続きます。ところで、この中に出て来た『シュナの旅』ですが、これは、宮崎駿の絵物語で、しかも、かなりマイナーなものなので、どれくらいのひとが知っているでしょうか。私はこの作品がアニメにならない..
Weblog: ふつうの生活 ふつうのパラダイス
Tracked: 2006-08-02 20:02

『ゲド戦記』★その1
Excerpt: 残念でした。これは『ゲド戦記』とはいえない。ヤフーの映画評を読んでも酷評が多い。さすがに私もこれは駄作としかいえない。これだったら、『ブレイブストーリー』の方が面白かった。『ゲド戦記』が持つ良さも独特..
Weblog: ふつうの生活 ふつうのパラダイス
Tracked: 2006-08-02 20:03

ゲド戦記
Excerpt: 見てきました、『ゲド戦記』。いや、主人がジブリと「竜」が出てくる映画が好きなんです{/hiyo_en1/} 世界の均衡が崩れつつあるアースシー。大賢人ゲドはその原因を探る旅を続けるうち、国を捨てて逃..
Weblog: だるんだるん日和
Tracked: 2006-08-03 13:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。