2006年07月31日

劇場『トランスアメリカ』

監督&脚本:ダンカン・タッカー
出演:フェシリティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バート・ヤング、キャリー・プレストン他
“女性になるための性別適合手術を受ける直前の男性”が、若気の至りで作った息子とひょんなことで出会い、一緒に旅をするお話。その父親というか何と言うかの役どころを、女性が演じているってんで驚いた。なるほど、それならば間違いなくスカートの中にあるものは“忌まわしいもの”であるはずだ。でも本当に「女装したおじさん」にしか見えなくて。スゲーと思った。声もまるで「おじさんが無理して女っぽい声を出してる」みたい。スゲー。で問題の息子がこれまた超キュート。超美形。超22歳。超惚れた。レオナルド・ディカプリオなんかメじゃない。もっとアップでたくさん映って欲しかったです。ケヴィン・ゼガーズの時代が来た(アタシに)。んでまぁストーリーの方は分かりやすい感動モノですが、息子も何気に倒錯した感じらしいので望ましい形のハッピーエンドではないんだけど、まーそーゆー納得の仕方もあるね。とりあえず理解はしたし。っていう。涙ぼろぼろ流しながら、あとはマッタリ考えたら? っていう(;つД`) だからアタシは、いつの日かケヴィン君が白馬に乗ってやってきて、そんで北海道の旭山動物園(超行きたい)に連れてってくれるのを心待ちにしようと思います。

posted by のりすけ at 13:39| 群馬 ☁| Comment(6) | TrackBack(21) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
この映画、とっても心があったまって、もう一度みたい感じです。

>ケヴィン・ゼガーズの時代が来た(アタシに)。

それですよ〜〜
私もかなり来てしまいました。
これからどんな風に歳をとっていくのか、楽しみな俳優さんですよね!!
Posted by jester at 2006年08月04日 08:16
コメントありがとうございます。
じっくり味わえて、いい映画ですよね^^
ケヴィン君の今後がものすごく楽しみ!DVD出たら穴が開くほど眺めたいです。
Posted by のぞみ at 2006年08月04日 12:33
TBありがとうございます。
ケヴィン君はホントよかった。
かぽぽはリバー以来に良いと思いました。

また寄らせていただきます。
Posted by かぽぽ at 2006年08月06日 22:30
コメントありがとうございます^^
ケヴィン君はリバー・フェニックス再来!との呼び声が高いみたいですね。大ブレイクして欲しい〜〜♪
Posted by のぞみ at 2006年08月07日 02:02
のぞみさん
はじめまして。チロです。
TBありがとうございました。
ブログ初心者の為、TBに気づかず失礼いたしました。
フェリシティ・ハフマン、がんばってましたよね。
ケヴィン君、これからが楽しみ。
次回作も立て続けに決まってるし、ナリチュウ(=ナリユキがチュウモクされる)であります。
Posted by チロ at 2006年08月14日 21:20
チロさま、ご丁寧にありがとうございます。
こちらこそ不躾で申し訳ありませんでした。
ナリチュウ!^^ そうですよね〜次回作も絶対観たいです♪
Posted by のぞみ at 2006年08月14日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トランスアメリカ
Excerpt: 「トランスアメリカ」見てきました。公式サイトは写真からどうぞ。 ちょっと変わっ
Weblog: Muses
Tracked: 2006-08-04 00:29

トランスアメリカ
Excerpt: これ、よかったです! jester的には今年の5本に入りますだ~撚 お金がかかってないインディーズムービーだけど、愛情はいっぱいこもってます♪ 脚本にも無理がなくて、奇妙な設..
Weblog: JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD
Tracked: 2006-08-04 08:30

“自分らしく”とはつまり、他人への“思いやり”… 『トランスアメリカ』
Excerpt: 自分らしく―。この言葉ほど、 誰もが理解しているようで実は曖昧な言葉というのもほかにない。 最近この「自分らしく」というフレーズを使ったと言えば、 自身のブログでIT社長の恋人との破局を告げ..
Weblog: 瓶詰めの映画地獄 ??地獄が闘えと俺を呼ぶ??
Tracked: 2006-08-05 20:18

人生を変えるきっかけは、実は意外なところにある。
Excerpt: 「トランスアメリカ」  某今や大企業となったかつてのネットベンチャー企業の社長がインタビューで、「人生が変えたきっかけ」について話していたのを読んだことがありま
Weblog: 人生はお伽話もしくは映画のよう
Tracked: 2006-08-07 16:30

トランスアメリカ
Excerpt: 男性であることに違和感を持っているブリーは、LAでウェイトレスをして慎ましく暮らしながら、肉体的にも完全に女性になるための手術を控えています。そこに、突然、父親を捜しているトビーという少年が現れます。..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-08-07 23:30

トランスアメリカ
Excerpt: 邦題:トランスアメリカ 原題:TRANSAMERICA 監督:ダンカン・タッカー
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-08-08 00:17

「トランス・アメリカ」願いはそう簡単には叶えられない
Excerpt: 「トランス・アメリカ」★★★☆ フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ 主演 ダンカン・タッカー 監督、2006年、アメリカ 性同一性障害で女性への手術を 1週間後に控えた主人公。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-08-13 20:27

○トランスアメリカ/父と息子
Excerpt: 性同一性障害を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は肉体的にも女性になる最後の手術を前にしていた、そんな彼女(彼)ところへ1本の警察からの電話がかかってくる。彼女が男性として暮していた時にできた、彼女..
Weblog: shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)
Tracked: 2006-08-14 11:00

真・映画日記『トランスアメリカ』
Excerpt: 7月22日(土) 12時前後に起きる。 この日、シネスイッチ銀座で19時20分の回の映画(『トランスアメリカ』)を観る予定。 まったくあわてる必要がない。 日記をやるも、だらだらモード。 ..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-08-15 17:49

トランスアメリカ
Excerpt: LAで女性として暮らすTG(=トランスジェンダー)のブリー。 ある日、彼女の前に、学生時代のガールフレンドが生んだ息子トビーが現れる。 自分が父親であることは隠したまま、二人は旅に出ることに・・・..
Weblog: ミケランジェロの小部屋
Tracked: 2006-08-16 11:55

『トランスアメリカ』
Excerpt: スカートの中に何があるかより もっと大事なこと。     ■監督・脚本 ダンカン・タッカー■キャスト フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-09-03 08:24

トランスアメリカ
Excerpt:  女性への性転換手術を控えた主人公が、ふとしたことから自分に息子がいたことを知ります。  ワルだったその息子には、本当は男性であることはもち
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-09-04 05:42

トランスアメリカ
Excerpt: トランスアメリカ公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 全
Weblog: シネマ de ぽん!
Tracked: 2006-09-08 09:06

トランスアメリカ
Excerpt:  京都シネマにて「トランスアメリカ」を鑑賞しました。水曜日のファン感謝ディーのためか多いです。ここはミニシアターのため、収容人数は62席、1・2・3とシアターがあるのですが・・・・。シアター1で100..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2006-09-15 17:00

【劇場映画】 トランスアメリカ
Excerpt: ≪ストーリー≫ トランスセクシャルのブリーは、男性としての身体を完全に捨てる手術を目前に控えている。そんなある日、ブリーは驚くような電話を受ける。ブリーがかつて、男性として一度だけ関係した女性との間..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-09-19 22:06

トランスアメリカ−(映画:2006年122本目)−
Excerpt: 監督:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、バート・ヤング、キャリー・プレストン、エリザベス・ベーニャ、グレア..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-10-03 00:17

映画「トランスアメリカ(TRANSAMERICA)」を観る
Excerpt: 女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフルな人間ドラマ。愛を忘れてしまった親と愛を知らない息子の複雑な関係を、新鋭監督のダンカ・タッカーが、彼らのアメリ..
Weblog: 酒焼け☆わんわん
Tracked: 2006-11-05 22:18

トランスアメリカ
Excerpt: トランスアメリカ公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 全
Weblog: シネマ de ぽん!
Tracked: 2006-12-28 22:14

「トランスアメリカ」
Excerpt: ひらりん、ゲイものも、レズものも苦手なんだけど・・・ これは、性同一性障害の話。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-06-25 00:43

トランスアメリカ@我流映画評論
Excerpt: 今回紹介する映画は、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた作品『トランスアメリカ』です。 まずはストーリーから・・・ 普通の女性として、LAでつつまし暮らすブリー。 男性であることに..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-10-09 10:37

mini review 07077「トランスアメリカ」★★★★★★☆☆☆☆
Excerpt: 解説: 女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフルな人間ドラマ。愛を忘れてしまった親と愛を知らない息子の複雑な関係を、新鋭監督のダンカ・タッカーが、彼らの..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-10-11 22:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。