2011年08月24日

劇場『シャンハイ』

原題『SHANGHAI』
2010年 アメリカ
監督:ミカエル・ハフストローム
出演:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、フランカ・ポテンテ、ジェフリー・ディーン・モーガン、菊地凛子、ベネディクト・ウォン、ヒュー・ボネヴィル、デヴィッド・モース、渡辺謙

まず、ジョン・キューザックのパンダ目がアタシの「シリアスに感じたい気持ち」をほぼ全部持ってっちゃうのです。勘弁してください。お話的にはすごく切なかったりグロかったり有り得なかったり、結局切なかったりと泣かせるところもあるんですが、ジョン・キューザックの存在だけはアタシを和ませるというかマッタリぐだぐだ〜、な気分にさせられてしまうので、どうしても物語に入り込めないんでございます。チョウ・ユンファもケンワタナベも最高なまでに超イケてると思う。けどその間に居るジョン・キューザック即ちパンダ目が全てを「ゆる〜んのぽわわ〜ん」にしてしまう。アタシだけか。
あの下まつげに負けていつつも、対抗心を燃やす人間が存在しうるのか。


とりあえず、いろいろなものが無事に過ごしていけますやうに。
posted by のりすけ at 23:31| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。