2006年08月21日

劇場『ユナイテッド93』

監督:ポール・グリーングラス
2001年9月11日朝、詳細な説明は省きますが、ハイジャックされた4機のうち、テロリストの目標に到達できなかったと思われる唯一の機体、ユナイテッド航空93便を巡る“ドキュドラマ(Docu-Drama)”。ユナイテッド93に乗ってたひとたちは全員死亡してるから全員俳優(ただしあんまり顔が売れてないひとたち)なんだけど、当時の正にそのとき地上でアタフタしてた管制官や軍関係者として本人役「As Himself」で出てたひとがけっこう居る。すごい臨場感、すごいリアリティ、すごい緊迫感、すごい混乱ぶり、すごいショッキング。ハイジャックされた機内での悲壮感がバリバリ伝わってくる。正直、後半はちょっぴり震えながら観てました。おうち帰ってマッタリしてたら泣けてきた。。。犯人側の情報は少なかっただろうけど、無闇に悪人っぽく描いていなくて、彼らは彼らで一心に彼らの神に祈りながら大変なことをやってのけてしまっていた、といった感じ。あくまでも“そこんとこって実はこうだったりして!”と言っているだけの映画である。事実は小説より奇なり、とは言え恐ろしい。できごととしては5年前のことだけど、こうもリアルに再現されてしまったものを映像で観るのは初めてなワケで、やっぱりこれはとんでもなく有り得ないできごとだったんだ、と改めて感じたし、何年も経った後で観ても同じように衝撃を受ける内容だと思う。興味のないひとにこそ勧めたい。

posted by のりすけ at 00:29| 群馬 ☁| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
トラバありがとうございました!

私も『犯人=悪』ではない描き方がとても良かったと思います。
宗教故、それが彼らにとってそうではないのも、また事実だろうと思うので…
(でもこうゆうのはあくまで第三者な上、無宗教というか、その辺に寛容な日本人ぽい解釈なのかもしれませんね)
Posted by ちょび。 at 2006年08月22日 08:46
おはようございます。
TBありがとうございました。
この映画はできるだけ多くの人がみて、あの日に起こった出来事を感じて欲しいと思いました。
Posted by さと at 2006年08月22日 11:14
コメントありがとうございます^^

ちょびさま:
真っ先に相手の都合を考えちゃう癖、というのは日本人ぽい感じはしますね^^; どの国の人でもそういう性格は特別じゃないと思うんですけどねぇ。

さとさま:
私は地元で観たときは、観客はあんまり多くなかったです。他人事だと思ってる人、少なくないでしょうねぇ。哀しいですが;;
Posted by のぞみ at 2006年08月23日 09:55
初めて、TBありがとうございます


私も『犯人=悪』ではない描き方が良かったのではないかと考えるました。
彼らも彼らなりの『正義』の為に信じるものの為に戦ったんだと、無宗教な私は、どうしても考えてしまう。
私も後半は、震えました。ハイジャックされてからのシーンでは、ずっと気分が悪くなってしまって…
あまりにも衝撃的で体がついて来なかった。
口にタオルあてて見ました。
何かが自分の中で変わる気がして…
たくさんの人に観て欲しいですね。
で、考えて忘れないで欲しいですね。

長文になってスミマセンでした
Posted by comachi at 2006年08月24日 19:55
comachiさま:
後半は思わず目を伏せてしまいそうになるシーンが続いて、辛かったですね・・・嗚咽がもれそうになる映画なんて初めてかも。
たくさんのひとに観て欲しいとは思うのですが、後から考えたら、勧めるのが難しいことに気付きました。絶対に辛い時間を過ごさせることになってしまうから。あう〜;;
Posted by のぞみ at 2006年08月25日 00:16
のぞみさん、初めまして。 映画の衝撃は大きいそうですね。
アメリカ政府の「93便は墜落した」という公式見解を基にしてますが、
実はこの事件は日本の新聞・テレビが伝えない事実が沢山あるようですね。
(最新の米・調査では約4割の人が政府の9/11への関与を疑っています。。。)

「2001年9月11日にはテロは起きなかった・・・」とする、
9.11 ドキュメンタリー「Loose Change=ルース・チェインジ」が
全世界で波紋を広げていますが、22歳のディラン・エイブリー監督が
百万円以下で制作した作品を、既に二千万人以上がネットで観て話題です。

この作品の成功で初の劇場用映画となる3弾が来年公開予定など、
いまアメリカ国内では「9.11真相解明運動」が高まっています。
先々週のCNNニュースでも、この映画の最後のテロップ部分の空軍の
93便・重要記録でも、新たな「ウソ」が明るみになって来ています…。

英語版なら色んな場所から、2弾=完全版を「無料」でダウンロードできます。
グーグル版は「911 cover up」410MBと著作権対策の「Recut」=827MBあり。
英語字幕のデータは別にあります。字幕表示方法など詳しくは検索で。
観ると目から鱗が落ちるかもしれません。真実に関心があればお薦めします。
http://www.loosechange911.com/download/trailer.wmv
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1461254
Posted by ホワイト・ラビット at 2006年08月25日 15:34
ホワイト・ラビットさま:
日本人の場合、真相解明よりも事実のニュースを伝えるだけでいっぱいいっぱいな気がするのは何故でしょうか。関心のないひとが多すぎるというか・・英語がとにかく苦手、というアタシみたいな人間が多いもの相俟って><; 苦手なものは苦手、という意識があるだけまだマシかなぁ、とか思い込んでるくらいなら勉強しろってやつですがorz
Posted by のぞみ at 2006年08月26日 04:23
TBありがとうございます。
9・11から今日で5年目ですね。
すさまじい状況の中、乗客の勇気は何にたとえることもできない素晴らしい真の勇気なのだと思います。

忘れてはいけない人々だと思います.

Posted by サム at 2006年09月11日 15:52
サムさま:
コメントありがとうございます。
映画の公開日が早めでよかったです。あんまり日が近いとショックが大きすぎる気がして;; 今日は静かに黙祷を捧げたいと思います。
Posted by のぞみ at 2006年09月11日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ユナイテッド93
Excerpt: 凄い映画を観てきた。 911の真実を語る映画。 映画なのにまるでドキュメンタリー
Weblog: こだわりの生活
Tracked: 2006-08-22 16:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。