2006年08月28日

DVD『X-MEN』

2003年
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、タイラー・メイン、アンナ・パキン、ハリー・ベリー、レベッカ・ローミン=ステイモス、ブルース・デイヴィソン、レイ・パーク、ショーン・アシュモア
ヒュー・ジャックマンの胸板萌え。男をひん剥くのはむしろ趣味にしたいです。メガネかけっぱなしとか、メイクが濃すぎるとか、顔の出ない役柄のひとたちはちょっぴり気の毒。ジェームズいい男なのに。で、ストーリーは特にコレといってアレなんだけど、謎が全部続編に持ち越されてしまっているのでブライアンったら意地悪です。その代わりかどうか知らんが特典映像が盛りだくさん。けっこうお腹いっぱい。ちょっと気になったのは、敵に投げられたり殴られたりして痛い思いをしている正義の味方たちですが、わりと軽傷というか無傷?なのはあのスーツのおかげなんでしょうか。ウルヴァリンにしろ腕力はあっても技に秀でているわけでもないっぽいし、女性陣に至ってはケンカなんて無理だろう。いくら能力があるといってもちょっと頼りないチームな気がするのは、正義の味方は先に手を出さない法則のおかげですかそうですか。

posted by のりすけ at 11:42| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。