2012年01月06日

劇場『ニューイヤーズ・イヴ』

原題『New Year's Eve』
2011年 アメリカ
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ハル・ベリー、ジェシカ・ビール、ジョン・ボン・ジョヴィ、アビゲイル・ブレスリン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、ヘクター・エリゾンド、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、セス・マイヤーズ、リア・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、ミシェル・ファイファー、ティル・シュヴァイガー、ヒラリー・スワンク、ソフィア・べルガラ

実はあんま観る気なかったんだけど、上映時間の関係で選択。まぁキャストも盛り盛りだし、アシュトン・カッチャーも出てるし、まぁいっか〜、てな案配w

まずアビゲイル・ブレスリンちゃんがスッゲーかわいくなってておねいさんびっくりよ。ああいう子が娘だったら鼻が高いよねぇw 彼氏の方がちっともかわいくなかったけど。15歳が大人だとも思えないけど。つーか普通の親なら、お祭りだからって深夜のあんな人ごみの中へ可愛い娘(or息子)をひとりで行かせたりしねえよ。って思うのはアタシがアメリカ人じゃないからですか?あんだけ人がいて怖い人が混じってないワケないじゃないか!!

次、ザック・エフロン。基本ああいうノリの若い男って絶対アタシは合わないと思ってますがw でも傍目で見る分には楽しいよね。元気が良くて若くて、しかもイケメンなら目の保養に最適w なんだかんだ勝手なこと言いながらも、結局引っ張ってってくれる男が正直アタシも欲しいです・・・どっちかっつーとアタシの方が引っ張ってっちゃう質(タチ)なのは置いとく。置いとくったら置いとく。

最後のおかあちゃんとボンボンの件がよく分からなかったんですけど。何アレ。必要だったの?w

ヒラリー・スワンクとロバート・デニーロのエピソードは、ベタすぎてなんともなぁ。でも激しくもらい泣きwww 涙腺もろすぎサーセンwww


新年だから、ともかく何か切り変えたいよね。年が新しくなったら、自分もどこか新しくなりたいもんなんだね。アタシはけっこう成り行き任せばっかりなんだけど、できるだけ能動的に選んでいきたいなぁ、と思ってはいるw どっちが正解かを考えるのとか面倒なんだけどw 空からアタシだけにさんおくえんが降ってくる夢とか見たいデス。


※追記。
ヒラリー・スワンクの上司役でちょこっと出てたあのオヤジ! マシュー・ブロデリックでしたね。。イケメン色白おじさまだと思ってたら、、、いつの間にかイケメン色白デブおやじになってましたorz 先生、また美声が聴きたいです。。。
posted by のりすけ at 20:22| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。