2012年03月30日

DVD『散歩する惑星』

原題:Sanger Fran Andra Vaningen / Songs From The Second Floor
2000年
スウェーデン/フランス
監督:ロイ・アンダーソン
出演:ラース・ノルド、シュテファン・ラーソン、ルチオ・ヴチーナ、ハッセ・ソーデルホルム、トルビョーン・ファルトロム

まず、ワケがわからない。登場人物たちの話が、あんま繋がってない。「みんな不幸だね〜」って言ってるだけなのか? 次に、オッサンたちの見分けがつかない。ペレって呼ばれてる人と、カール(主人公)は同一人物なの?w ・・・まーそこは分からなくても支障はあんまないかもしんないw 3つめ、「どーやって撮ったのコレw」っていうシーンがちらほら。CGを一切使ってないとか、長回しにも程があるYO!とか。いやコレはすごいところかw

何しろ冒頭から目の保養とは死んでも言えない裸体が出てきたりなんかして、この監督ったらいろいろ挑戦してるみたいだけど明らかにダメな絵面(えづら)がちょっと・・・。目隠しした女の子をキャー!とか。ダメだと思いますっorz そんなこんなあっても全体通して盛り上がらないので、超眠くなること請け合いなんですけど。

笑えるところも、そうだなぁ見ようによっては無きにしも非ずだけど、結末がアレじゃあどうしようもないよね。明らかにみんな旅立ってるもん。大丈夫ですかスウェーデン。いや舞台がスウェーデンかどうかもよく分かってなかったですけどw つか邦題がどうしてそうなった。宇宙規模な話とは思えませんでしたが。まぁいいか。。。
posted by のりすけ at 22:20| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。