2012年04月05日

DVD『ブラック・スワン』

原題『Black Swan』
2010年 アメリカ
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー

怖かった。リアルで嵐ふきすさぶ夜にひとりで観るんじゃなかったw

ニナはいろんなものに追い詰められて精神おかしくなってたんだね。。。プリマドンナのプレッシャーと同じくらい、母親の存在も重圧だったのね。わかるわ〜w でもアタシはこんな重いプレッシャーを経験したことない・・はず。だから今保育園の保護者会長やれって言われたら100%パニクるであろうことは明らかなんですが、まぁ幻覚を見たり自傷行為に走ったりってことはないだろうな、と。ニナほど真面目じゃないし完璧主義でもないし。ニナもA型なのかなぁ、とは思ったけどねw

それにしても痛い痛い。血、出すぎ。ほとんどホラーじゃないか。あんな細い人が血ぃ出してると本当に痛々しくて。ろくなもん食ってないところがまたw ていうかナタリーさんずっと辛そうな表情(息づかい)で踊ってたよね。なんだろ、好きでバレエやってるんじゃなくて母親にやらされてるだけだったのかしら。プリマドンナになれたのは嬉しいけど、辛いことの方が多すぎてホント気の毒というか。だったらリリーの方が見てる方も楽だよなぁw なんて思ったり。

最後の黒鳥の演技というか演出かな、見応えあったと思います。魅惑的かどうか、ヤりたくなるかどうかはちっとも分からなかったけど。確かに鬼気迫ってた。
posted by のりすけ at 16:08| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。