2012年05月01日

劇場『テルマエ・ロマエ』

2012年 日本
監督:武内英樹
出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親、外波山文明、飯沼慧、岩手太郎、木下貴夫、神戸浩、内田春菊、松尾諭、森下能幸、蛭子能収

面白かった・・・!原作は知らなかったけど、いやもう阿部さんのなりきった”ナリ”だけでもすばらしい。ちゃんと体も作ってたみたいだし。何しろ全編通して半分くらい裸だもんなーw 日本屈指の濃ゆい面々を揃えたとゆー謳い文句も納得の濃ゆさで、濃ゆい顔好きにはたまらん作品でしょうねえアタシは違うけど。アタシは筋肉の方が好きなので、まールシウスさんは技師であって戦士じゃないので、ていうかまぁソレはいいです。

原作にはない白戸、じゃなかった上戸彩の役どころですが、ちょっとこじつけな感じはしましたが、これが居るのと居ないのとでは話の持っていき方が変わってくるだろうなぁ。いなかったらどうやって落とし前つけるんだろう?と思えたし、アタシもまだまだもがいてみなきゃいけないらしいので、これはこれでアリですね!(何様

それにつけてもルシウスさんです。これはルシウスさんが平たい顔族の文明に触れるたびにとるリアクションをいちいち笑って和むという作品なのでしょうかそもそも。何にしろそのオバカを全力でやってのけてる役者魂にぞっこんラヴです。顔は別に好みじゃないけど。よくぞこの主人公にぴったりな俳優さんが居たもんですよねー。他には考えられない。ポスターとか見て「これは明らかにコメディなのだな」というのは分かってたけど、オープニングとか異様に大作っぽくて「あれ?」っつってw 古代ローマのシーンから始まったでしょ、で全部日本語なんだけど、「ああ吹き替えなのね」って普通に思っちゃったもんねw つーかセットが普通にすごいし。ローマでのシーンはエキストラもCGじゃないんでしょ?w こういうことをクソ真面目にやっちゃえるのがいいよねーw

すっとぼけたおじいちゃんズも素敵ですが、どうせなら古代ローマの主要人物に本物のローマ人が入っててもいいんじゃないかと思ったり。キャスト一覧を見てちょっと思いました。まぁ〜しかし、やっぱ風呂はいいよね〜。温泉行きたくなったわ〜。
posted by のりすけ at 18:58| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。