2006年11月10日

劇場『手紙』

監督:生野慈朗
原作:東野圭吾
出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、田中要次、山下徹大、石井苗子、原実那、他
原作は未読です。いあー、泣いた泣いた。キッツイなこれ。世間ってこんなに冷たいの? たまんねーよな。アタシはそんなに気にしないけどなぁ。人間の防衛本能つったってさ、排除しようとする以外にもできることあると思うんだが。しかし山田くんの泣き芸はホントにくる。今度は明るい役の演技がみられるといいな。んでも貧乏底なしみたいな生活してた設定の割にあんがいガッチリというかムッチリというか、なのは気のせいか。そうか。沢尻エリカってキレイだね。どの辺の層にウケてるのか知らんけど、尻フェチ的にはイイ感じなんぢゃないかと思った。母親役をやるにはどう見ても若すぎる(20歳)と・・・セリフの下手さを関西弁で誤魔化してるってワケぢゃないよね? お笑いのネタはちょっと面白かったです。ホントに居そうだ、こんな芸人。たぶん見ないけど。ああ、最後の兄さんネタは流石にしつこかったかも;; クライマックスだから時間かけちゃったんだろうけど、傍から見ると変だもん。ネタ的にサラッと流すとこでそ。まぁアタシも兄さんばりに鼻水たらして泣いてたけど!

posted by のりすけ at 16:24| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近観た映画 〜映画館編〜
Excerpt: 最近(でもないけど)観た映画です 長くなりそうなので映画館で観た編と家で観た編に分けて まずは映画館編から {/cloud_sim/}ブラック・ダリア{/cloud_sim/} かつてはプロボクサ..
Weblog: めそのたわごと
Tracked: 2006-12-08 12:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。