2012年05月30日

劇場『メン・イン・ブラック3』

原題『Men In Black 3』
2012年 アメリカ
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン、ジェマイン・クレメント、マイケル・スタールバーグ、ニコール・シャージンガー、マイケル・チャーナス、アリス・イヴ、ビル・ヘイダー

もういいかげんトミーは歳をとりすぎた。でも今66歳?にしては老けすぎてるようにも見えますが。ジョシュ・ブローリンは確かにKっぽいですが、どっちかっつーと”ジェームズ・ボンド”っぽいよね。小柄で顔のでかいボンドw 眉毛がイイヨネ。顔の上半分だけショーン・コネリーとピアース・ブロスナンを足して2で割った感じに見えない? アタシだけかなぁ?w 若き日のエージェントOと見つめ合ってるシーンなんかもうそのまんま007な空気じゃない? 時代設定のせいかもだけど。

昔捕まえた犯人に逆恨みされて復讐されるって話はありがちだし、ますます今後Kが引退したり本当に死んじゃったりしたらMIBの存在自体も危うくなるレベルな事件(≒続編)が起こりそうではありますw ただトミー・リー・ジョーンズが俳優を引退するような事態になれば、続編は作れないだろうなぁ。そこでどっかの国の引き際を見失った『相棒』みたいに続いていったりは、さすがにしないだろうと。

ところでカメオ出演とかレディガガとかジャスティンビーバーとか出てたらしいのですが、じぇんじぇん気づきませんでした(´;ω;) DVDで観なおさねば・・・! グリフィンのひとがなんだかカワイクて、なんか儚い感じがして、ちょっとキュンってなった。そんな人ばっかり住んでる星とかどんなんなっちゃってたのか気にならなくもない。それでいろいろ見越しながらかいくぐったりしてきて、ようやくあのアレを渡せたのかしら、と思うと、わりと切ない。

1作目からの伏線?と言うべきか、謎だったらしいこともだいぶ解消されたり、まー後付けダヨネみたいなところもあったけど、「シリーズのまとめ」みたいな感じで良かったと思う。そういうつもりじゃなかったとしても、1作目2作目を予習してなかったら楽しさ半減だもんね。おかげでじゃあじゃあ泣けてしまったわけですが(>_<) そんなに泣かされると思ってなかったので余計泣けた。。ていうかさていうかさ、Kが記憶消して一般人に戻ったのって、自分で決断したんだっけ?パンフ読んで「あれ?」なんつってたのアタシだけ?もしかしなくても酔っ払ってた?orz んーまーそーゆーことならそーゆーことでもしょうがないかハハー。
posted by のりすけ at 21:05| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。