2012年06月21日

劇場『スノーホワイト』

原題『Snow White And The Huntsman』
2012年 アメリカ
監督:ルパート・サンダース
出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・フロスト、トビー・ジョーンズ

みんな知ってる『白雪姫』を、オトナの物語にして、さらにグロくした感じ。七人の小人も毒リンゴも出てくるんだけど、『シシ神様』も『ゴンドールの白い木(の模様)』も出てくるし、どこもかしこも「どっかで見たナニカ」の空気に包まれているw 新しい解釈って言ってるわりに。

新たな解釈といえば、毒リンゴを渡したのが「ウィリアムに化けた魔女」だったのと、姫が目覚めるきっかけになったくさいキスをしたのがハンターだったのがよく分かりません。おとぎ話だと、キスをしたのは王子様だよね? 映画の中ではウィリアムのことを王子とは呼んでないけど、ハンターさんだって「じつはどこそこの国の王様の隠し子でした」なんてこたーないよねw

あと、王子様が口移しで解毒薬を飲ませたのだとか、毒リンゴの毒のせいで仮死状態になったのではなく、かじったリンゴが喉に詰まったからだとか、っていう話をずいぶん昔にどっかで聞いた気がするんですが、今回はどーゆーことになってんのかにゃ〜と注意して見てたつもりだったんだけど、最後まで説明なかったような。アタシが気付かなかっただけかもですが(+_+;

そんなこんなで、シャーリーズ・セロンが主にすごい映画なんですが、だから魔女がスゴイのは言うまでもないんですが、対峙する姫は長いことあんなところへ幽閉されてて、なんでまともな人間に育つんだろう。教育なんか受けられなかったろうに。逃げたは良いが助けたは良いがアッパラパーで話が通じなくて決起とか無理でした、なんて残念なことにならなくて良かったよね。てことは8歳くらいまでに人間の素地はできてしまうということか。・・・5歳でヒーローになりきって戦うことしか知らないウチの坊ちゃんが急に心配になってきたんですが手遅れですねそうですね。

終わり方もなんかイマイチはっきりしないというかスッキリしないというか、、、まさか続編なんてないよね?w
posted by のりすけ at 22:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「スノーホワイト」誰もが知る物語を現代の視覚効果で見せてくれる
Excerpt: 「スノーホワイト」★★★☆ クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン出演 ルパート・サンダース監督、 127分、2012年6月15日公開 2011,アメ..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-07-10 20:29