2012年06月30日

DVD『琉神マブヤー The Movie 七つのマブイ』

2011年 日本
監督:佐野智樹
出演:山田親太朗、ISSA、福本ジュディ幸子、長浜之人、川田広樹、吉田妙子、YASU、TAKANO、椎名ユリア、海老名保、仲間由紀恵、ゴリ、真栄田賢

まずマブヤーの設定ですね。TVシリーズがいつの時代の話ってことになってるのか分かんないけど、かなーり昔ってことになってるっぽい。まぁねぇ、近代的てくのろじーを駆使している描写とか皆無だからね、50年前ダヨ?って言われても納得しちゃうんだけどw なので、「マブヤーになる人」がいろいろ変わるという設定も、とりあえず納得した。それでも2人のカナイというあれ誰か来たかなこんな時間にうわっtなn おいやめr

サイオンの気合い入りすぎてるノリが、ウルマ君のぼんやり感とぜんぜんズレてるんですけど。そんだけボンヤリした鈍〜い男でも、女のことになると俄然燃えてしまうというのは、、、やはり男の性か。女目線ではあんまり説得力ないんだよなぁw まー変身後はカッコいいし、マブヤーとガナシーの協力体制も悪くなかったから許してやらんでもない。それでも戦い自体はスッキリしないんだよねw マブヤーのコンセプト的にしょうがないんだけど、全国展開になってもそこはそこ。見せ場は見せ場だけど、まーしょうがないか。

つーかマブヤーもガナシーも、デザインがすげーカッコイイんだよね。ガナシーはテーマソングも異様にカッコイイ。ただ、ストーリーが微妙w 映画版ってことで張り切ってたんだろうけど、脚本的にはどうなんだと。マブイスターとやらも7つあっても実質2つしか活躍してないし。TV版のマブイストーンは9つだったのに、星は7つしかなくて大丈夫なの?的な。5歳児の坊ちゃんですら「マブイストーン使わなかったね」とか言ってたぞw TVありき、って話にはしなかったのかね? まぁ、全体的に”たるい”のはいいとしても。。。

あと超神ネイガーが今ひとつだったのが残念。色的にも赤・青・緑ってバランス良くて、デザインもわりと傾向が似てるし、背中が「米」だし、ほとんど仲間な感じw だけど、中の人がいかんせんダサい。これが秋田クオリティ・・・オーズのおにいさんの人がやったら良かったんじゃねw

まーなんだかんだ言っても落としどころの泣きどころには大いにハマりましてwww 大事にするよ、ちむぐくる! ありがとうハブデービル! ありがとうマブヤー!
posted by のりすけ at 22:25| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。