2012年07月03日

劇場『ラム・ダイアリー』

原題『The Rum Diary』
2011年 アメリカ
監督:ブルース・ロビンソン
出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ、アマウリー・ノラスコ、マーシャル・ベル、ビル・スミトロヴィッチ

お気楽飲んだくれジャーナリストの痛快エロエロ快進撃な物語なのかと思ってたら、ぜんぜんそうじゃなかった。なんだかカッコよさげな決起シーンみたいのもあったのに、空回り。結局逃げおおせてハッピーエンド? ちょっと違うかな? ケンプはともかくボブはどうなの? ってそこは気にしても意味無いかもだけど。

今作のキレイどころ、アンバー・ハードがスカーレット・ヨハンソンそっくりで参ったねw 貫禄のスカーレットよりもずっと細くて若くて青くて、そりゃあアーロンさんだって張り切っちゃうよね!的な小麦色娘。バカっぽいのもお約束でしょうか。

こんだけラム漬けになってると、パイレーツなんとかを連想するよね。船乗りって言ったらラムだしw プエルトリコもきっと大航海時代とかモマレてたでしょうし。・・・・・・それ以上は知りませんので話は広がりませんw

とりあえず私はラムを飲む機会ってほぼ無いんでよく分かりませんが、度数がけっこうアレなんでしょ? それを昼間っから、下手すると奴ら朝からぐびぐび飲んで仕事に行くとか、ホントどうなってんのかしら。ブッ壊れるよね? ってか、ブッ壊れてるのか。そうか。それと比べたらアタシなんかまだまだ平気だしようやく再々々々々就職が決まったトコだし壊れてる場合じゃないのでほどほどにしてとっとと寝ます。おやすみなさいまし。
posted by のりすけ at 22:29| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。