2012年09月17日

DVD『マイティ・ソー』

2011年 アメリカ
原題『Thor』
監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、ジェイミー・アレクサンダー、ジョシュア・ダラス、クラーク・グレッグ、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキンス、アドリアナ・バラーザ、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、リチャード・セトロン、ダレン・ケンドリック、ジョシュ・コックス、ダコタ・ゴヨ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェレミー・レナー、テッド・オールプレス、ジュリエット・ロペス、マット・バタグリア、ブレーク・シルバー、デール・ゴッドボルド、パトリック・オブライエン・デムジー、テリー・パークス、バディ・ソストハンド、スタン・リー

次元が変というか複雑というか科学的に成り立つのかどうかって気にしちゃイケナイっぽいワケだけども、なんかお話としては古典的な雰囲気ですね。神様な親子関係ってことなのかどうか、神話的な雰囲気というか。弟が実は養子!なんてあたりも。ていうかロキがソレをずっと知らずに居たら、アベンジャーズの話もなかったかもしんないような気がしなくもなくない?まぁいいけどw

日本向けのCMなり予告なり、だからと思うけど、DVDのパッケージもだけど、浅野忠信サンがわりと出てるじゃないすか。でも本編観ると分かるけど、セリフなんか4,5回よ?w 同僚の他の人のが明らかにたくさんしゃべってるし。ってか同僚との区別もあんまついてないよね。彼らの個性も描かれてないっつうか。誰でも良かった感じよねー?まぁ日本人使ってもらえただけでヨシとすべしなんだろうけどーw

そんなこんなありますが、クリス・ヘムズワースさんの筋肉はすばらしくすばらしいので、すばらしく鑑賞させていただきました。顔は二の次でも、、、まぁいいかな(何様)。筋肉万歳。筋肉万歳!(大事なことなので2回は言っとかないと)! そして筋肉万歳!!(やっぱ3回めも言っとこう)!!

舞台が地球外ということですし、スピンオフじゃなく、単独で次作が作られるなんてこともアリなんじゃないかなぁ、などと勝手に思ったりなんかしつつ、ていうかお願いしたかったり。切に、というわけでもないけど、ちょっぴり、というわけでもない程度にw! ついでに言うとナタリー・ポートマンはこの系統の映画には大物過ぎる感じがするので、もっと若手でもいいんじゃないかとか、主役級じゃなくてもいいんじゃないかとか、、、でも“その研究者としての第一人者”みたいなハクが必要ってことならアリっちゃアリだし。なぁんて酔っ払いながら勝手なことをのたまってますよ。

じゃー次は『キャプテン』ですな〜
posted by のりすけ at 00:30| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。