2006年12月23日

劇場『犬神家の一族』

監督:市川崑
出演:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池田万作、石倉三郎、三谷幸喜、林家木久蔵、深田恭子、奥菜恵、岸部一徳、大滝秀治、草笛光子、中村玉緒、加藤武、中村敦夫、仲代達矢、他
30年前の同じ監督による同作品のセルフリメイクだそうですね。そっちの古い方は観たことないですが予告編は面白そうだったから。いやあしかしですね、どっからどう見ても古臭いです。戦争帰りってゆー設定がないと困るから時代設定も変えられないっつーのは100歩譲ってもですね。初めて見たのに古臭いってどおゆうこと? 古典的すぎるってゆーか、芝居が臭いとゆーか。素顔の尾上菊之助がドーラン塗り塗りでゴムマスクみたいな顔だったので笑いそうになったのはアタシだけですか。お話自体はわりと面白いんですが、金田一くんがあんまし役に立ってないのは何故なんだ。結局殺人は完全に遂行されちゃうし。仕舞いにゃ犯人がゴニョゴニョゴニョ。つーか石坂浩二ってけっこうな歳だよねえ。年齢不詳なのは随分前からアタシも思ってたけど。水戸黄門やったりなんかしたときに歳聞いてビックリした覚えがあるデスヨ。走ったりしてダイジョブ?w 頭ぼりぼりやってバラバラ落ちてきたフケがあまりにもニセモノで「そりゃねーよ」って思ったアタシ(妊婦)より元気なのは、まぁよろしいんではないかと存じますが。

posted by のりすけ at 10:07| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。