2006年12月23日

劇場『エラゴン 遺志を継ぐ者』

監督:シュテフェン・ファンマイアー
原作:クリストファー・パオリーニ
出演:エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ロバート・カーライル、ジョン・マルコヴィッチ、ギャレット・ヘドランド他
原作本、買ってあるんですがむちゃくちゃデカくて;; なかなか読み始めらんなかったんですが、つい最近読み始めましてデスネ。1巻の半分くらいまで読んだところでした。映画で言うところの最初の4分の1くらいかなぁ。とりあえずそこまでの感じだと、かなり説明不足ですな。しょうがないけどね。ブロムはホントはもっと説教臭いし白髪だし話は長いし、じっくり時間かけてエラゴンもサフィラも成長してゆくはずなのに・・・映画じゃあそんなのマッタリやってらんないもんね。でもそーやって成長したはずのエラゴンがあんな突拍子もない行動しちゃったりなんかするとゆう、本ではこれから出てくるであろうシーンではちゃんとドキドキしてますたw ストーリーは兎も角、個人的にはサフィラのウロコがイメージと違った。鞍なしで乗ったら足の皮膚が簡単にめくれちゃうくらい硬いはずだから、ウロコひとつひとつがもっと大きくてツヤツヤしてるもんかと思ってた。それと、サフィラが自分から名乗ったところは少々ショックでしたね;; まぁそんなあんばいで、端折ってなんぼなんですかねぇこの手のは。なんだろう。期待してたよりぜんぜん気分が盛り上がれない。終わり方が「へっ?」なので、そこでやっと「ああ、3部作だったっけ」って思い出した次第。つっても次回作っていつになるんでしょーか;;



「“原作の方が面白い”って言うひとが多い」のは致し方ない部分があるにせよ、この映画はまずい。端折りすぎです。前半部分はかなり背景描写だから省略するのは致し方ないと思ったけど、後半もばかすか端折ってます。おかげでブロムが「ザ・チルドレン」もびっくりなテレポーターにさせられてしまっています。『絶対可憐チルドレン』を知らないひとゴメンナサイ。更にドワーフとエルフと人間の関係もほとんど触れていない。ファンタジーの世界観を形作る上で、そこに出てくる住人がどんなものかっちゅうのはかなり重要だと思うんだが。マータグの謎も簡単に片付けすぎな気がする。この辺は後回しなんかなぁ。次回作がどんだけのボリュームになっちゃうのか心配だw とにかく、まずいんじゃねーの? こんだけいい加減なことをやるくらいなら無理矢理2時間未満にまとめないで3時間とかやりゃあよかったんだよ。監督も脚本家も何考えてんだ。とゆうワケで映画だけだとイマイチ「ふーん」ってなりがちなので続編を待つ気持ちが薄れてしまいそうですが原作は普通に面白いです。著者が天才扱いされるのも頷ける。願わくは周りに惑わされずに、そして可及的速やかに第3部を書き上げていただきたいものです。といったあんばいでそろそろ3冊目も終わります。面白い。
posted by のりすけ at 10:22| 群馬 ☁| Comment(4) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
まあ、テンポのイイ作りで、単純な方が、映画は、受けるんで原作に手を入れちゃうのが、映画のいいとこであり悪いことです。
約2時間の中で物語を詰め込めなければ、いけませんからね〜(^^;)
脚本家の方も大変ですよ。
Posted by yo-C at 2006年12月26日 09:12
yo-Cさま:
確かに、テンポ良く分かりやすい作りになっていると思います。細かいところをつっこまなければそれなりに楽しめますよね^^; 次回作も期待します。
Posted by のぞみ at 2006年12月26日 09:26
こんにちは。
TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。
のぞみさんは原作を読まれてるそうで、ならば気になるところがいっぱいなのは当然ですね。
私は読んでいないのですが、映画は悪くないけれどなんだか物足りなくて、原作はきっと違うんだろうなと思いながらみてました。
マーダクは重要な人物らしいのにほとんど説明がなかったですね。2、3作目に期待したいです。
Posted by みどり at 2006年12月26日 18:35
みどりさま:
コメントありがとうございます^^
原作を第2部の下巻まで読み終わってしまいました。映画版の今後を思うと心臓に悪いですw が、とりあえず映画は映画なりに筋を通してまとめてくれるでしょう、と期待というか切望というか。
Posted by のぞみ at 2006年12月27日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30102644

この記事へのトラックバック

伝説のドラゴンライダー誕生
Excerpt: 276「エラゴン 遺志を継ぐ者」(アメリカ)  広大な森と山脈に彩られた帝国アラゲイジア。かつて竜と心を交わす戦士ドラゴンライダーによって繁栄を極めていたこの国は、今や裏切り者のライダーである邪悪な..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-12-26 00:36

エラゴン〜遺志を継ぐ者
Excerpt: ネタバレあり。このエラゴンを演じるエドスペリーアスくんはちょっと可愛い子とぶちゃいくな子の双子の兄弟のように見る角度や表情によって可愛くなったり、ぶちゃいくになったりするなー。可愛いときは若い時のトシ..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2006-12-26 09:08

15歳のファンタジー
Excerpt: 今回観てきたのは、原作者クリストファー・パオリーニがこの物語を書き始めたのは、わずか15歳の時だった。まだ10代のベストセラー作家の誕生、それはまさにパオリーニ自身の人生が、“ファンタジー” エラゴン..
Weblog: yo−Cの戦い!!
Tracked: 2006-12-26 09:13

映画「エラゴン」
Excerpt: 映画「エラゴン」@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 原作:クリストファー・パオリーニ 監督:シュテフェン・ファンマイアー 脚本:ピーター・バックマン 出演:エド・スペリーアス、ジェレ..
Weblog: みどりのアート鑑賞日記
Tracked: 2006-12-26 18:26

「エラゴン 意志を継ぐ者」見てきました
Excerpt:  お正月映画大本命のファンタジー映画エラゴン 意志を継ぐ者見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-12-30 02:47

エラゴン 意思を継ぐ者−(映画:2007年2本目)−
Excerpt: 監督:シュテフェン・ファンマイアー 出演:エド・スペリーアス、レイチェル・ワイズ、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ギャレット・ヘドランド、ジャイモン・フン..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-01-07 20:42

『エラゴン/遺志を継ぐ者』(2006)
Excerpt: クリストファー・パオリーニが紡ぎだす壮大なるサーガ三部作、その第一章の華麗なる幕開け! ・・・なのですが、翻訳本はハードカバーで643ページもの大作。これを1時間44分でまとめているというので、一体..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2007-01-08 20:00

「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー
Excerpt: 剣と魔法と姫とドラゴン。 ファンタジーものといったら出てくる要素をすべて盛り込ん
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-01-12 22:15

エラゴン/遺志を継ぐ者/映画感想
Excerpt: お薦め度:.★★★.可もなく不可もなく。華もなく負荷もなくといったほうが正しいかも
Weblog: PICO*THEATRE
Tracked: 2007-01-18 23:40

エラゴン 遺志を継ぐ者 (Eragon)
Excerpt: 監督 シュテフェン・ファンマイアー 主演 エド・スペリーアス 2006年 アメリカ/イギリス映画 104分 ファンタジー 採点★★★ またウルトラマンメビウスの話でアレなんですが、実際最近コレばっか..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-05-29 15:53