2006年12月23日

DVD『007/消されたライセンス』

1989年
原題『Licence To Kill』
監督:ジョン・グレン、出演:ティモシー・ダルトン、キャリー・ローウェル、ロバート・ダビ、タリサ・ソト他
たとえ相手が女でも殺すべき対象であれば殺す、とゆー冷酷な諜報員であるはずのボンド君が、友人のために上司の命令を無視してまで敵討ちをやらかしてしまいます。いやー今回はハードでしたね。次々と死んでゆくチンピラどもの末路の憐れなことといったら。思わず目を覆いたくなるよーな壮絶な描写はちょっと・・やりすぎぢゃーありませんか。最後は巨大タンクローリー?のカーチェイスときて、それが片っ端からぼっかんぼっかん爆発しまくり。やりすぎです。流石のボンド君もズタボロになってましたね。今回ばかりは「お疲れさま!」って言ってあげたい。Mも仏心を見せてくれました。その溢れんばかりの愛にもうメロメロ。だからかどうか、ラストのイチャイチャが控えめなので好感が持てるw

posted by のりすけ at 10:27| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: はじまったばかりはこれはあまりおもしろくないかな  と思ってみていたら、予想を裏
Weblog: いろいろと
Tracked: 2006-12-29 22:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。