2007年01月07日

DVD『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』

1997年
監督:ロジャー・スポティスウッド
出演:ピアース・ブロスナン、ジョナサン・プライス、ミシェル・ヨー、テリー・ハッチャー他
勇ましいチャイナガールがあんまし可愛くなかったけど、アクションは良かったねー。つっても今回のアクション大賞はあのBMWにあげたいね。あれは楽しいわw パンクしたタイヤが復活したらボンド君大笑いしてたじゃないすか。アタシもつられて笑ったよ! ちっくしょう楽しそうぢゃねーか! つーかまきびし見てすかさず「ハットリ君かよ!」ってつっこんじゃったのはアタシだけですか。そうですか。しかし今回の悪役さんはケツの穴がちっさいですね。そうじゃない悪役なんか居なかったと言われればそうだけども(でっかいYO!ってゆわれても困るしw)。あんだけ金かけた船とか武器とか抱えてるのに目指すものがしょっぱい。まぁどうせボンド君に懲らしめられちゃうんだから何でもいいけどさ。スカイダイビング→水面にかなり近づいてからパラシュート開け→ざぶーんてゆってすぐスキューバ、のところは怖かった。あんなことして人間のカラダって平気なの?(;゚д゚) っていうメイキングにもハラハラドキドキを期待して特典映像を観たんですが、どうもアッチのテレビで紹介してたっぽい番組がそのまま収録されてるみたいで、過去のボンドを振り返ってみたりショーン・コネリーのインタビューが入ってたりジョーズさんがニカッと笑ってたりと、「今作の」メイキングってゆーのはあんまし詳しくやってくれてない。ピアース以前のだともうおなかいっぱいですってゆーくらいスタッフ出まくりの濃ゆいインタビューが詰まってたのに、ちょっと不完全燃焼気味かも。製作者のアルバート・R・ブロッコリが亡くなってるっぽいクレジットがエンドロールに入ってたから、その辺の湿っぽい話もスタッフのインタビューとかで出てくるんかと思いきやスルーだし。ストーリーボードなんかわりとどうでもいいのになぁ(´・ω・`)

posted by のりすけ at 14:11| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。