2007年01月07日

DVD『007/ダイ・アナザー・デイ』

2002年
監督:リー・タマホリ
出演:ピアース・ブロスナン、ハル・ベリー、トビー・スティーブンス、ロザムンド・パイク、リック・ユーン、ジュディ・デンチ、ジョン・クリース、マイケル・マドセン他
冒頭、めたくそに拷問を受け続けるボンド君。14ヶ月間も痛めつけられ続けてなお正気で居られるなんてホント凄いとしか言いようが無い。耐える方も然ることながら拷問する方も相当に辛抱強いと思う。無論「14ヵ月後」ってテロップ入ってるだけで誰も痛い思いはしてないんだけど。とりあえず髪もヒゲも伸び放題で服ずたずたの格好があんがい似合ってる気がしたお。つーかMは前作の恩を忘れている模様。信じてやれよ・・・(´・ω・`) ボンド君が不憫でならない。ハル・ベリーは相変わらず美人ですね。個人的には髪は長い方がカワイイと思うけど。ロザムンド・パイクも美人だけど、正にお人形のよーな無表情さが悪者側にうってつけ。怖い。それにつけても「消えるアストン・マーティン」ですよ。BMWじゃダメだったのかどうかはともかく、可能なんすか? いあ、“透明人間スーツ”みたいのはあるらしいけど、車だし。つやつやしてるし。表面滑らかだし。そんなにキレイに消えられないんじゃまいか。そこまでファンタジーにしなくても良かったんじゃね? まぁそんなこんなありますが、やっと20作目まで追いつきました! 「原点に戻った脚本」って何回言ったら気が済むの? 的な変遷も2006年でひと段落ついたってことで今後も楽しみデース。ちなみに今作のメイキングでピアースは「次回作も是非出演したい」とかゆってたんですが気のせいでしょうかw ふつーそおゆう話って口裏が合ってないと言えないもんなんじゃないかと思うんだけど。ダニエル君が決まってなかったとは言え。つってもピアースもけっこうな歳ですし、十分お稼ぎになったでしょうし、勇退ってことでいいんじゃないでしょうか。

posted by のりすけ at 14:19| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。