2007年01月23日

劇場『マリー・アントワネット』

監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ジュディ・デイヴィス、リップ・トーン、スティーヴ・クーガン、ジェイミー・ドーナン他
えーと、あんまり期待してなかったんだけど、それ以上にどうでもよかったっつうかなんつうか。衣装もすごいし、本物のヴェルサイユ宮殿でロケしたらしいし、えっらい金かかってそうだけど要はそのすごいのを見せびらかしたかっただけ? 色んなドレスやアクセサリーやお菓子をいっぱい並べてアハハウフフって遊びたかっただけ? みたいな? 基本的にマリー・アントワネット周辺の史実を知ってるひとぢゃないとワケわかんないあたりからしてどうなんだ。予告とかCMで雰囲気だけ見てやってきたっぽい女子中高生たちを救ってやる気はなかったのかと。ナレーションも皆無だし、『ベルサイユのバラ』の知識しかないアテクシとしても物足りない。キルスティンがちっともマリー・アントワネットのイメージに合ってないとかいうのはこの際、つぅか予告観たときからずっと「ありえねえ」って思ってたけどとりあえず置いとくけど、いくらなんでも説明不足だと思った。つまり何が言いたいのだと。処刑まで描くでもなく、歴史の勉強をするでもなく、そおゆう背景も説明せずに何を見せたかったのだと。やたら監督が持ち上げられてるのが理解できないのはアタシだけですか?

posted by のりすけ at 11:13| 群馬 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。「マリー・アントワネット」へのトラックバックありがとうございます。でも、のぞみさんにとっては不評だったみたいですね。淡々としているので好みが分かれるのかな。ただ私が行った時もなぜか若い子がいっぱいでした。
Posted by mocaママ at 2007年01月23日 23:26
mocaママさま:
コメントありがとうございます。
「マリー・アントワネットの視点」であるということを終始忘れないで観ていれば、それなりに納得できたと思います。それでもアントワネットの心情なんかをもっとたくさん言葉にして欲しかったけど;; 私はどうしても史実が気になっちゃったり(あんまり知らないくせにw)、起承転結がハッキリしてないとスッキリしなかったりするので、観てよかったという感じではなくなっちゃいました。若い子がどういう経緯で観に行ってたのかは実際のところ分かりませんがw エンドロールの最後まで座ってたひとはほんの数人でした。
Posted by のぞみ at 2007年01月24日 11:17
はじめまして!
実はTBをいただいたブログは登録したばかりで、大分を元気にする為に地元の企業が立ち上げたサイトなんです。
ワタシも応援したくて、映画の記事だけをアップしてます。
二つの管理は時間的に大変なので、今後はコメントのみにする予定ですので、こちらのブログからTBのお返しをさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by サラ at 2007年01月26日 01:01
サラさま:
ご丁寧に対応していただきありがとうございます。了解しました。よろしくお願いします。
Posted by のぞみ at 2007年01月26日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マリー・アントワネット
Excerpt: この映画は、好みが分かれる映画かも? 「ビジュアルだけで、内容はうすいじゃん」と言う人もいるはず。 それに、男性の方々には甘すぎるかも。 でもワタシは大好き派です! 理由は、とことん明るい..
Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日
Tracked: 2007-01-26 00:58

『マリー・アントワネット』(2006)
Excerpt: 監督がソフィア・コッポラだということよりも、「マリー・アントワネット役がキルスティン・ダンスト!?」ということで興味を惹かれて観に行った作品。 この組み合わせ、発表になった時からなかなか面白そうだな..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2007-02-08 20:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。