2013年03月31日

劇場『オズ はじまりの戦い』

原題『Oz: The Great And Powerful』
アメリカ 2013年
監督:サム・ライミ
出演:ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズ、ビル・コッブス、トニー・コックス、(声)ザック・ブラフ、ジョーイ・キング

『オズの魔法使い』の前日譚。もちろん『オズの魔法使い』はむか〜し昔に観てたけど、オズその人についての記憶は全く残っておりませんでw オズそのものについて、あんまし興味も持ってなかったのが事実だったりするし、もっと言うとジェームズ・フランコが個人的にピンとこないっつーか、タイプじゃないので、予告を観た時点で、どうなんだコレ・・!と思ってたのが本音。あはははー。

まぁしかし、さすがのディズニーが手がけてるだけあって、よく出来てます。ディズニーの何が良いって、ストーリーと教訓がちゃんとしてるのがイイ(^_^; それだけでも筋が通るというもの。オスカー君の腐ってた心が洗われて、“ちゃんと”“良い人になろう、と”“思い至る”というプロセスがあるのが素晴らしい。ただしそのときどきのジェームズ君の表情が、私的に、あんま好きじゃない。ゴメンほんとゴメン。

この手の、と言っちゃっていいかどうか分からないけど、リアルを求めたファンタジー作品の場合、けっこうな手間がかかるんですよね、衣装とかセットとかw 今作がどのくらい子供向けなのか分かんないし、シリーズ化を視野に入れてるかどうかも知らないけど、このレベルの作品を採算とか気にしてないのか?もしかして?と思えちゃうくらいにやっちゃえるディズニーさんには頭が下がります。正直、日本ではそんなに話題になってないでしょ。今のタイミングだとドラえもんに完全に食われてるんじゃね?

まー日本はどうでもいいかもです。「オズのシリーズ」がそもそも流行ってないらしいし。ていうか私はその新作ドラえもん映画も観た方がいいかもしれない、とチラと思ったりもしたけど、そのうち、半年も待てばテレ朝で放映してくれるんぢゃねえべかとふんでおる。

ていうか、ゴチャゴチャ言ってねえで『オズの魔法使い』をもっかい観ようそうしよう、っつー話だね。そーいやマイケル・ジャクソンが出てるバージョンのDVD買ったわ、だいぶ前に。観なきゃだよーw
posted by のりすけ at 21:53| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。