2007年03月08日

劇場『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

監督:澤井信一郎
出演:反町隆史、菊川怜、若村麻由美、松山ケンイチ、Ara、袴田吉彦、野村祐人、平山祐介、池松壮亮、志村東吾、永澤俊矢、保坂尚希、榎本孝明、津川雅彦、松方弘樹、他
えーとね、つまんない。モンゴル建国800年記念作品だっつうのでモンゴルに敬意を表して観たけど、やっぱりつまんない。まず予告みた時点で、反町隆史が主人公っつうので何考えてんだと思ったんだけどね。なんかすっごく金かかってるっぽいし、おかげで戦争シーンはけっこう迫力あるけど、そこしか観るトコがないってゆーのはまずいと思うわけ。全編日本語で登場人物がほとんど日本人ってのも意味不明だし。セリフもだっさいし説得力ないし。なんか「蒼き狼」って言いすぎだしw 松山くんがアレのシーンだけグッときたけど、その他は「なんでこんなにつまんないんだろう」としか思えません。残念でした・・・っていうか角川春樹はモンゴルに謝れ。

posted by のりすけ at 15:07| 群馬 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
女性の視点という言葉を聞くまでは私も少し期待はずれに感じていたのです。 よって見終わってから評価があがりました。 
Posted by root at 2007年03月08日 18:16
rootさま:
コメントありがとうございます。
女性の視点、ワタシも後から気付きました。でもテムジンの母親が繰り返し「結局女が辛い思いをするのだ」みたいに言っていたのが、ちょっと引っかかってはいました。ただすんなり入ってくるセリフではなかった(浮いてた)気はしますがw うーむ、見方によりますね。。
Posted by のぞみ at 2007年03月10日 09:15
TB有難うございました。
やはり、ちょっと戦闘シーンが多かった気はしますね。
最近、戦争映画が見飽きてきたせいもあるかもしれませんが・・。
元気な赤ちゃんを・・。
Posted by ビックリエイション at 2007年03月11日 15:08
ビックリエイションさま:
コメントありがとうございます。
実際にチンギス・ハーンは戦争ばっかりやっていたということでしょうか。歴史は弱いんですが;; ・・・戦争映画って胎教に悪いですかね^^; お気遣いありがとうございますm(_ _)m
Posted by のぞみ at 2007年03月11日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。