2007年03月13日

劇場『ハッピーフィート』

監督:ジョージ・ミラー
声の出演:イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムズ、ブリタニー・マーフィー、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィービング、アンソニー・ラパーリア、ミリアム・マーゴリーズ、マグダ・ズバンスキー他
ペンギンが歌って踊るミュージカル映画。声の人が豪華なのと、CGがすんごいのと、ミュージカルっぽくて楽しそうなので観てみた。最初、マンブル君が生まれるあたりまでは『皇帝ペンギン』を観てたこともあってけっこう感動した。キャラクターがいちいちキレイでリアルで愛らしい。つぅかマンブル君がイライジャ・ウッドに似てるような気がしたのは気のせいですか? でも中盤以降はあんまりしっくりこない。マンブル君いつまで経っても産毛が抜けないっておかしいでしょ。産毛って泳ぐのに邪魔なんぢゃなかった? それにペンギンたちがあまりにも人間らしすぎて気持ち悪いところも無きにしも非ず。映像が素晴らしくリアルなだけに。極めつけは世界中の人間を巻き込む環境問題にまで発展していってしまうというグローバルっぷり。強引すぎてびっくりしたw ふつーにペンギン世界の中だけで収まるストーリーでもよかったんぢゃね?(そういえば本編始まってから慌てて部屋を出て行く親子連れが居た。吹き替え版と間違えたらしい。それでもオコチャマはついてこれただろうかw) でも楽しかった。ロビン・ウィリアムス超面白いし。個人的には、ヒュー・ジャックマンの歌をもっとたっぷり聴きたかったデス!

posted by のりすけ at 09:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハッピー・フィート
Excerpt: 皇帝ペンギンは心の歌を歌う。それは彼らにとってとても大事なことなのだ。それなのに、とびきり音痴に生まれたマンブル坊や。その代わり、タップダンスが天才的にじょうずなのだけど、皇帝ペンギンの社会では認めら..
Weblog: ももママの心のblog
Tracked: 2007-03-23 08:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。