2014年05月24日

劇場『アナと雪の女王』

2013年 アメリカ
原題『FROZEN』
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
出演:クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、アラン・テュディック、キアラン・ハインズ、クリス・ウィリアムズ
声の出演(日本語吹替版):神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑、多田野曜平、安崎求

吹替版で観ました。

字幕版で観たいです。

あのね、初っ端から日本語のだっさい歌で始まるミュージカルとか、ホント無理。英語のイントネーションに合うようにできてるわけでしょ、あらゆる曲が。合うワケないんですよ、日本語に。字数だけ合わせて無理矢理歌ってる声優さんがホント気の毒。

とりあえず話題になった”レリゴー”も、まぁ良かったですけどね。英語で聴きたいなぁ。あとオラフの歌も、オリジナルは相当面白いそうなので是非聴きたい。日本語版担当の面々もがんばってくれたのだと思いますけどね。ええ、ええ。

で、まぁそういった部分を除くと、ホント良くできてます(*´ω`*) やはりディズニーはその辺外さない。お子様向けなので基本ベタなんすけど、あんまりのんびりしてらんない展開のお話だから、けっこう詰め詰めで、良く言えば見所いっぱい。逆に言うと目まぐるしくて「すごく寒そう」「魔法すごい」くらいしか記憶に残らない恐れがなくもないけど(笑)

なんだかんだ言っても、アタシは泣いたよ。泣いていたよ。アナの一途さに。エルサの寂しさに。オラフの純粋さに。クリストフの優しさに。スヴェンの思いやりにすら泣いた。もちろんハンスの掌返しにも紛糾の涙(笑) もう泣けるとこ全部泣いたわ(笑)

見所がいろいろあるのでいろいろ書きたいのはヤマヤマなんすけど、これ、あれだ、DVD買って字幕版みないとダメだw そんで、あんまピンとこなかったトロルのくだりを好きになれたらいいなぁ、とかねw

..........オラフかわいいっちゃカワイイけど、アタシの好みじゃあないです。ぬいぐるみだったとしても無理w つーかアメリカンなアニメ顔がそもそも好きじゃないのかも(笑) ピクサーアニメ一連の顔も(笑) ミもフタもないけど(笑) 顔が嫌いで『カーズ』も『トイストーリー』も『モンスターズインク』も観たくないから観てないっていう(笑)
オラフなら、むしろ田辺誠一が描いたやつの方が好きですよ真面目な話。「かっこいい犬」トート思わず買っちゃったし(*´Д`*)

・・・っていう何アピールだか分からない感じのままウヤムヤに終わってみる。
posted by のりすけ at 23:57| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。