2015年03月28日

DVD『ヘアスプレー』

原題『Hairspray』
2007年 アメリカ
監督:アダム・シャンクマン
出演:ジョン・トラヴォルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン、イライジャ・ケリー、アリソン・ジャネイ、ジェリー・スティラー、ポール・ドゥーリイ、ジョン・ウォーターズ

パッケージの派手派手しさそのまんまの、お気楽コメディミュージカルですね。リメイク版だそうで、元のは観てないです。ジョントラヴォルタが女装してるってんで、どんだけはっちゃけてんのかと思ってたら、くそ真面目に母親役をやっててちょい萎えw 最後のダンスもがんばってたけど、あそこくらいは本領発揮というか、サタデーナイトフィーバー的なキレを見せてくれても良かったんじゃないかと(笑)

ニッキー・ブロンスキーは新人とは思えない貫禄で・・・いや声すごい良いし。ダンスもうまいし。しかも普通にかわいい。たまたま60年代のファッションが似合う顔なのかもしれないけど、ほんとキラッキラしてますよね。すごいなぁ。

とにかくザック・エフロンがイケメンすぎて困る。ジェームズ・マースデンといい、イケメンとして完璧すぎるw 完璧すぎてコメントに困るレベル(; ̄▽ ̄) クリストファー・ウォーケンも素晴らしいトボケっぷり(笑) あのトレーシーの父親にしては年とりすぎてる感じだけど・・トラヴォルタと良いコンビしてたのがステキ。

クィーン・ラティファもなかなかの存在感だったと思うけど、 アタシ的には、もうちょっとパワフルな感じを期待してたかも。最後の見せ所も、もっとソウルフルに歌っちゃっても良かったんじゃないかしら。ブラックチーム代表として。

差別しないの、イイヨネ!で番組は終わってたけど、映画としては何が言いたかったんだろう。肌の色で差別するのと、おデブちゃんをいじめるのとでは次元が違うと思うんですけど。だっておデブはどうにかすればおデブじゃなくなることは可能じゃないですか。肌の色はそうじゃない。

カラーの違いを脂肪の量の比較と同レベルに扱って、そのくらい軽いことなんだからどうってことない、ってゆー考えなのだとしたら、まぁ分からなくもないけど・・・そうじゃなくて、単純に歌と踊りとドタバタを楽しんじゃおう!という映画なのですよね、そうですね(笑)

ま、黒人の大統領が登場したって根本は変わってないんだから、笑い飛ばすしかないのかもですね。

※2015年 8本目
posted by のりすけ at 22:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック