2015年08月24日

オンデマンド視聴『インターステラー』

原題『INTERSTELLAR』
2014年 アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、エレン・バースティン、マイケル・ケイン、マッケンジー・フォイ、ティモテ・シャラメ、ジョン・リスゴー、デヴィッド・オイェロウォ、コレット・ウォルフ、フランシス・エグゼビア・マッカーシー、アンドリュー・ボルバ、ウェス・ベントリー、ウィリアム・ディヴェイン、デヴィッド・ジャーシー、ケイシー・アフレック、リーア・ケアンズ、トファー・グレイス、マット・デイモン、(声の出演)ビル・アーウィン

アヘ顏のマシュー・マコノヒー、観れます。

最初の方はソバ食べながら観てたので、あんまり覚えていない。

親子の愛は分かった。分かったっつーか、そこだけ泣いた(汗) けど、あとはよくわからんねーw 4次元だってサッパリなのに5次元とか出てきちゃうし重力で時間をも物理的に扱うとか・・・わっかるわけねえべ(´-ε-`;)

地球が住めなくなる星になってしまう理由もよくわからない。雨が降らなくなる?なんで?海がなくなるとか?余程のことだよね?ホントにそういう感じなら、子供が親と同じ年になるくらいまでとか、保たないんじゃないかしら。そもそもそんなんなる前に滅ぶんじゃないの?

得体の知れない「They」については、何一つ分からないものの、こんなこといいな、できたらいいな・・・という希望は持っててイイヨネ!っていうノリで理解することにしたw

けど、そりゃねえよ。って思った。タイムスリップは・・・ズルい。

マット・デイモンは違うと思った。あの人は研究者って顔してないw そういう意味では裏切らない展開ではあったけど、本当なら(?)あそこであんなことにはならないはずで、つまりミスキャストだよw

箱型マシンのひとたちは必要以上に高性能で、1時間が7年の星では最初っから彼だけでぎゅんぎゅん動けば良かったのに、と思うことしきり。あなた方は船を降りる必要がなかったw まーでもこういうSF物は何か起こる度に一人ずつ減っていかないといけない仕様になっているらしいので、まぁそういうことです。

一歩間違えばあの弟くんはお姉さんをヌッコロしていてもおかしくないレベル、と思ったけど弟くんもお父さんのことが好きだったのよね。だからギリギリっていう顔で許せたのよね。きっと。よくあるパターンだと息子の方がより父と通じてるもんなんだけど、まぁ娘でもいいよ(何様)。マイケルケインを看取るシーンは女子の方が収まりが良いし(台無し)。

※2015年 15本目。ペースが落ちてきたヤバイ(汗)
posted by のりすけ at 20:14| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424726533

この記事へのトラックバック