2016年01月07日

劇場『妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』

2015年 日本
監督:高橋滋春、ウシロシンジ
声の出演:戸松遥、悠木碧、関智一、小桜エツコ、遠藤綾、重本ことり、梶裕貴、木村良平、長澤まさみ、堀ちえみ、博多華丸、博多大吉、武田鉄矢

「世にも奇妙な物語」形式で5つのストーリーが語られるわけですが、もちろん全てが繋がっているワケ。そんなに長大にしなくても、と思ったけど映画自体は94分・・・最近は予告編やらCMやら映画泥棒やら、本編前のアレヤコレヤがすごーく増えたような気がするんですよね。律儀に時間前に席に着いてるのがバカバカしくなりそうですよ。ぷんすか。

息子8歳はTVも欠かさず見てるけど、あたくしは見てないので比べようがないんですが、たぶん映画の方がバカ度が低いんじゃないかなーと思う。大人にも一緒に見てもらわなきゃなんないからねw むしろ今回は本気で泣かせにかかってきてる。コマさん&コマじろうが実家へ帰るくだりはガチだ。観終わった後ずいぶん経ってから息子8歳が「ぼくも泣いた」と言ってた。

TVCMでは「安心してください、笑えますよ」などとウィスってるのを聞いたけど、笑うトコあんまないぞw ケータが妖怪になる手順とか、イナホのオタマシンガンっぷりくらいだ。これ聞いてると声優ってスゲーと思うよ(笑) エミちゃんの声のモヤっと度合いも想定の範囲内。ジバ&ロボ&ブシのドタバタも期待を裏切ってない。トドメの「来年もまた見てくれるかな〜〜〜?」→「・・・・・。」に至っては、失笑が聞こえた(笑) さすがに子供にはわかんねーしw

すげー笑って楽しかった、という印象ではなくて、ホッコリホロリじんわり、で良かったという印象。いったいどこへ向かっているのかw それでも子供らにもそれなりに理解できて、おもしろかったと言ってもらえてるんだから、アリなのか。。。また1年後に公開されるという第3弾も特に期待してませんけど、というかこの勢いはいつまで続くんだべか。早く廃れてほしいw


※2015年 28本目。
posted by のりすけ at 21:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック