2016年01月13日

DVD『ソーシャル・ネットワーク』

2010年 アメリカ
原題『The Social Network』
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、ブレンダ・ソング、ルーニー・マーラ、ジョセフ・マッゼロ、ジョン・ゲッツ、ラシダ・ジョーンズ、バリー・リヴィングストン、ダグラス・アーバンスキー、アーロン・ソーキン、ウォレス・ランガム、スコット・ローレンス、パトリック・メイペル、デニス・グレイスン、デヴィッド・シェルビー、スティーブ・サイレス、インガー・テューダー、ジェームズ・シャンクリン、ジョン・ヘイドン、ブライアン・バーター、ブレット・リー、ヴィクター・Z・アイザック、マーク・ソウル、マレス・ジョー、エマ・フィッツパトリック、マルセラ・レンツ=ポープ

どういう立場の人が何を期待して観るか、で評価が変わるのかも...と思った。

今をときめく(笑)Facebook誕生秘話を知りたいと思うのはSNS大好きでスマホ依存症気味なネット住民かIT業界従事者くらいなもんでしょうか。私も両方カブってる立場であることですし(笑) 面白い話が観られるのかなーと思ってたけど、フタを開けてみれば、ただひたすら訴訟にまみれた青い春がそこには広がっていたのでした。

青いんですよ。マークが天才なのは分かった。けど青いんですよ。今はさすがに結婚もして子供も産まれて、大人っぽいこと言ってるのかなぁと思う(ちゃんとは知らない)けど、合理性を追求して友達をぶった切りまくったり、スゴそうな奴と見るやアッサリ傾倒してみたり。尤も、そうして突っ走れるのも天才たる所以でしょうけど。

ボート部のマッチョ兄弟マジマッチョ!と思ってたら1人二役だったのねΣ(◎ω◎) おバカではないけど、マークの卑屈エネルギーには負けちゃいました(汗) 持たざる者の負のエネルギーったら、舐めちゃアカン。親友だったはずのアンドリュー・ガーフィールドも随分がんばってたけど・・・ジェシー・アイゼンバーグが無表情貫いてるのに対して表情豊かだし超汗かいてるっぽいし、ほんと気の毒(+_+;) 資金調達に関してメチャ頼ってたのに、そりゃーないよ!ってアタシも言った(^_^; マークも人間味あふれてるとは言えるけど、許せるかっつったらキツイな(笑)

そんなこんなで、全体的に淡々と語られていて、そのくせマークの真意は分からないままで、うやむやに終わっちゃって、スッキリしない。「続きはWebで!」ならぬ、「続きは現実(リアル)で!」ってことかいな。まぁね、現在進行形で登場人物も生きてるし、あんまり結論らしいこと言っちゃうのは良くないかもね。だったら映画化なんかすんなよ!(笑)
ザッカーバーグがもっと年取って「そんなこともあったよね〜(爆)」とかエンドロールで言えるくらいになってからの方が面白おかしい映画が作れるかも?30年くらい待たないとか?デヴィッド・フィンチャーは厳しいか?(汗)

※2015年 29本目。あと1本!あと1本!(汗)
posted by のりすけ at 21:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック