2016年09月16日

劇場『秘密 The Top Secret』

日本 2016年
監督:大友啓史
出演:生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、織田梨沙、大倉孝二、木南晴夏、平山祐介、三浦誠己、泉澤祐希、望月歩、前野朋哉、小市慢太郎、栗山千明、リリー・フランキー、椎名桔平、大森南朋

原作はもちろん読んでないんですが、よくわからんトコはけっこうあるね。生田斗真が天才ってことになってたらしいけど、どの辺が天才なのかサッパリわからぬ。持病もちでよくひっくり返ってるらしいから、虚弱キャラなのか。その上ちっこい人だし、部下に強気な態度をとってるからには凄い能力があるってゆーのがどっかで分からないと説得力がないし。いつそれが表現されるのかと思ってて結局最後まで出てこないし。

何人もが見て気が狂ってしまったとゆー貝沼の脳内ですが、松坂桃李の脳フィルターで随分まろやか(?)になったのか?脳内映像初体験なわけがない、覚悟の上で見た職員たちがこぞって狂うほどの衝撃か?サッパリわからぬ。ただ事前情報無しに剛くんが見てたら泣いちゃうくらいには衝撃だったとは思うけどね。

絹子の異常ぶりと、追い詰められた眞鍋さんと、頭蓋骨を電鋸で切ってるシーンと、露口父が家族の頭部を破壊するシーンは衝撃だった。いやあ、キツかった(汗) PG12だったの?18じゃなくて?(汗)

絹子役の人、モデル出身だそうですが演技というかセリフ回しがぎこちなく聞こえるところは「サイコパスがわざとらしく演技してる風」で良かったと思いますよ(笑) いやサイコパスの人に会ったことないから、いや会ったことある人のなかにサイコパスが居るかどうか知らないから、まさにそういう演技ってのは分からないけどw 演技だとしてもそれは嘘だと責められない状況を作ってるとゆー点でメッチャ腹立つけどね(>_<)

で、結局何が言いたいかっつーのが犬視点でモヤモヤw

他人の記憶を疑似体験してしまって、自分の記憶や感情があやふやになる感じは居心地の良いものではないね。ところで何が「秘密」だったのかしら。


※2016年 10本目。年間50本の目標は断念いたしました。誠にスマヌ。
posted by のりすけ at 14:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック