2017年02月09日

DVD『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years』

2016年 イギリス
原題『The BEATLES: Eight Days A Week - The Touring Years』
監督:ロン・ハワード
出演:ザ・ビートルズ(アーカイヴ映像)、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョン・レノン(アーカイヴ映像)、ジョージ・ハリスン(アーカイヴ映像)、ウーピー・ゴールドバーグ、エルヴィス・コステロ、エディ・イザード、シガーニー・ウィーヴァー、ニール・アスピノール(アーカイヴ映像)、リチャード・レスター

4人が4人で居た頃のお話。オノヨーコは写真が一瞬出るだけなので安心してください(?)。

とは言え、私も完全に”ビートルズ後”の人間ですので、正直言って彼らの音楽的な本当の凄さは分からないんですけども。現象の凄さは分かる。色々桁違いで、色々すごい。

私は彼らのような才能がないから理解できないんだけど、でも他の人が言う通り、あの才能ある4人が集まることができて、良いプロデューサーに巡りあえて、良いタイミングで世界に広まっていって、世界的にラッキーだったし、結果的にハッピーになれた人がいっぱい居た。ということは受け入れざるを得ない。

どこの国のどんな文明にも、よそ者や新しいモノを受け入れたくない傾向があることは普通で、ビートルズだけでなく今までにあらゆる国であらゆる若者が非難を受けてきたのだろうと思う。

人の親になってみて分かったことの一つ、「自分の子供だからと言って思う通りになんか育たない」。”こんな風に育ってくれたら良いなぁ”と思うのは自由で、そうなるべくお金を使うのも自由。子ども側として、与えられた環境をどう生かすかも殺すかも自由だ。というわけ。ですよね。

ビートルズの面々は、10代であんなにヤンチャで奔放に好きなことを始めて、それでいて礼儀正しさや周りを尊重することを知っていて、さらにジョークまで下品でなくオサレとゆースゴさ。音楽の才能だけじゃない、人として失礼のない振る舞い。

ここをまず教育の目標にしようと思いました・・・

...映画の感想だって、自由で良いはず!(笑)
posted by のりすけ at 23:42| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446850556

この記事へのトラックバック