2017年06月20日

DVD『ドクター・ストレンジ』

2016年 アメリカ
原題『Doctor Strange』
監督:スコット・デリクソン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ、ベンジャミン・ブラット、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン、リンダ・ルイーズ・デュアン、マーク・アンソニー・ブライトン、パット・キアナン、ザラ・フィシアン、アラー・サフィ、カトリーナ・ダーデン

ときどき思うんだけど、英語や字幕だと微妙なニュアンスが理解できないことが多い。すなわちストレンジ先生のような傲慢キャラの底意地の悪さが、正直言って分からないのよね。虫の居所が悪くて悪態をついてるだけなのか、そもそも性根が歪んでるのか、今日だけ気分が良くてオラついちゃってる態度なだけなのか。短い時間でその人となりを伝えるって実はけっこう難しいんだなぁ、と。

分からないなりに繰り返し繰り返し傲慢だ何だと言われ続けているので、クリスティーンに再会して治療を受けつつ謝罪の言葉を口にしたとき、彼女が「まさかそんなセリフを言うなんてあなたらしくない」とでも言うかのような反応だったことで、ああやっぱりスティーヴンはそういう奴だったんだ、と認識できたという。

ところで「パーマー」って名前は「ふつうのいい人」っていうアレがあるんでしょうかね、アメリカには。「スミス」って言えば「ありふれた名前」って意味、みたいな。スパイダーマンのアレは・・・「パーカー」だったか。そうか(笑)

マッツミケルセン様とティルダスウィントンはどっちが強いかっつったら、マジでどっちだろう。って無駄に悩むほどどちらも強そうなんでこういう布陣はまことに困るんであります。勝手に独りで困ってますよ、ええ。ただマッツミケルセン様が怖メイクすぎてちょっともったいなかったですね。素顔で十分チビるミケルセン様VS怖メイクが似合うティルダさん、だったのになぁ(個人の感想です)。

そして安定のキウェテルイジョフォー。次作でどんだけ悪い感じになってくれるのか非常に楽しみです。この人の悪役ってあんまり見ないよーな気がするけど、ラスボスってゆーと珍しくないっすか?そこまでアクが強くない?的な?どうなるんでしょーねー。

しかしダークサイドに堕ちちゃう人って、基本的に真面目で堅物よね。少しでも道を外れることも許せない、信じるものを信じきれなくなると全てを否定してしまう、みたいな。毒を以て毒を制する的な柔軟さすら許せないんだ。気の毒っつーかなんつーか。

キャラの掘り下げが弱いとか過去作品へのオマージュだらけだとか巷では言われているぽいですが、魔術師とか魔法とかレリックとか、単純に滾るじゃないっすか。映像もすごいよ?魔法の再現度とかけっこう良いよ?IMAXとか3Dとかで観ると凄すぎるらしいよ?もう映画館でみれないけど。つーか私は13インチのちっこい画面でも目が回りそうで、、、ビルがぐるんぐるんするトコなんかほとんど観てられませんでしたけど(@@;

エンドロール後のワンシーンその1は、さすがにがっかりだw どんだけスゴイ映像を見せつけられてしまうのかと思いきや。。。

posted by のりすけ at 21:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック