2017年07月19日

劇場『銀魂』

2017年 日本
監督:福田雄一
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛

思ったより空いてたなぁ(笑) 声出して笑ってる人はまぁまぁいました。

原作はチラ見程度なんですが、ゲラゲラ笑えてホロリ泣ける空気感はそれっぽくて良いと思いました。ゲラゲラ笑わせておいて、泣かすお膳立てもきちんとできてる。文句はないでしょう。ただ、ふつーに観るとだいぶクドいかな〜、狙ってきてる笑いというか、スクリームが。それも銀魂っぽいと言えなくもないんでしょうけどね。

局長と二朗さんと桂×エリザベスのシーンは素直に笑えてヨカッタ(笑) 良かったっつーか、良かったのか?歌舞伎俳優氏。そこまではっちゃけてしまう熱量はどこからくるんだw

また子が思わず後ろ向いちゃったメガネ君との掛け合いとか、二朗さんがどこまでも安定の二朗さんで好き(笑) 原作ガン無視のキャラ設定とのことでしたが、二朗さんが二朗さんで居るだけで面白いからね、二朗さんなりに役作りしてくれてる部分がまだ楽しめるから良いけど、「どの作品を見ても二朗さんはいつでも二朗さん」というのが果たしていつまで続いてしまうのかは、気になってます。

桂×エリザベスは、どこからツッコんでいいか分からない物体と、その行為(どこからツッコんでいいか分からない)をごく当たり前のものとして享受している桂のドヤ顔が全て。

あと、「おやおや」多すぎw 単にニゾウの口癖とかだったら分かるけど、高杉も銀さんも言ってた?かな?どこかヒネリがあったのなら私が気づかなかっただけですけど、同じセリフを同じ使い方で何度も使うというのはなんつーか、意図してるものがあったのかなぁ。

真選組(漢字うろ覚え)の皆さん(特に局長)が本当は強いんだよ、ていうトコをちゃんと見たかったw 次回観られるといいなぁ(笑) あ、将軍様でてきて欲しいよね。扱いがどうなるか・・もしかして局長よりもっと酷いんだろうか。アレ以上どう酷く表現され得るのだろうか((( ;゚Д゚)))

ヘビースモーカーキャラがいるために、劇中でタバコをばかすか吸ってるというのが逆に新鮮というかw ふつーのTVドラマなんかでもタバコが出てくるシーンて減ったでしょ。ほんと見なくなったもんね。役者さんの喫煙率も減ってるのかしら。とは言え役柄的に吸うことってあるでしょうからね、その辺どうなのかしら。

つーかマヨが白っぽくて木に塗ったくってるときも土方丼も真っ白に見えて、一瞬なんじゃコリャ?!って思ってたのアタシだけかな。アタシの目がいよいよおかしいのかな。あ、柳楽くんわりと注目してます。ムビチケカードは沖田ゲットしましたけど。

パロディてんこ盛りは、好き嫌いが分かれるトコでしょうけど私はけっこう好き。とりあえずジャンプ漫画だしジャンプ作品のパロは許してあげてほしい。TBSには怒られちまえばいいと思うよ!「まーきのっ」は知らないんだけどw 小栗旬の主題歌だけはいらんかった。あ、神楽ちゃんハスキーボイスかっこよす。アクションもアレもコレも壮絶で大変よろしおました。可愛い顔してほんまやりおる。
posted by のりすけ at 19:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック