2017年12月21日

劇場『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』

2017年 日本
監督:上堀内佳寿也
出演:犬飼貴丈、飯島寛騎、渡部秀、福士蒼汰、佐野岳、西銘駿、赤楚衛二、高田夏帆、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、黒崎レイナ、甲斐翔真、土屋シオン、柳喬之、滝裕可里、三浦涼介、田中卓志、水上剣星、前川泰之、大槻ケンヂ
声の出演:関智一

何しろオーズです。アンク復活です。本編観てない方置いてけぼりですみません。なんならDVD貸します。

話の流れで最終的に変身できなくなってしまう主演ライダー、というのがときどき居るわけですが、レジェンドとして映画に出るときはシレっと変身しちゃってるのが当たり前な昨今、エイジくんはがんばってくれました。大きなおともだちを感動させまくり有終の美を飾ったあのストーリーからどうやってアンク復活となりえるのか。まーある程度のこじつけはありましたが(笑) アリです。素晴らしかった。

そしてレジェンドの方々は基本的に当時の衣装で登場するんですよね(笑) 弦ちゃんは学生→教師だから仕方がないとして、エイジくんなんかああいうダボっとして服装で良かったよねーって思うくらいだし、タケル殿もキツかったらしいですからね。

ライダー現役の人って、若いわけですよ。だいたいハタチ前後〜20代半ばくらいでしょ?(※響については後述)男の人って、そっから逞しくなるのよ。10代20代のカッコ重視のオトコノコなんて、ヒョロッヒョロのガリッガリじゃないすか。当時の服が着られなくなったり似合わなくなったりするの、当たり前なんですよ。ウィザードの人なんてちょっと前に先輩ライダーとして出てきたとき、松山ケンイチかと思うくらい顔変わってましたもんね。

変わること(≒成長)は悪いことではない。ライダーのその後も成長があって良いはずだから、体型や服装が変わって良いはずなんですよ。無理して若い頃と同じ格好しなくても。・・・ただ、アンクはまずいな(笑) やっぱ人外キャラは仕方ないっつーか難しいね(汗)

そんな中オレンジ色の神は相変わらずの身体能力で恐らく体型も変わってなさげ。スーアクさんから褒められるとかマジパネェ。もう一人の神は、予想以上に弾けてましたね(笑) 御成がもっと強烈にやらかしてくれるような脚本書いてもらえなかったんですかね。神の神っぷりはその場のノリでなんとかなるレベルじゃないっつうの。

※響の人は、確か唯一の「主演が30代」だったと記憶しております。まーリアルタイムで観てなかったし、響の中の人も特に思い入れとかないんですけど私が言いたいのは”男は40過ぎてからが本番”ってことです。20代30代でも魅力的な方いらっしゃいますけど、40過ぎの方がもっと素敵になります。クズな生き方してない限り。イケメン俳優に限らず、殿方諸氏におかれましてはウエスト付近にも自信を持てるよう引き続き活躍していっていただきたいと切に願っております。

話は逸れますが、好むと好まざるとに関わらず、見苦しいものばかりの世界よりは見目麗しいものに囲まれて暮らしたい。女子も男子と同じなんですよ(笑) しかし言うまでもないですが、人の価値はウエストサイズによって決まるものではございません(半分は自己弁護)。

ストーリーに戻ります(笑) 相変わらず本編とがっぷり絡んでズルい組み立てとなっており、これが実にアツいわ。バンジョーの中の人は非常にやりにくいだろうなぁ、と思わずにはいられないレベル。あと葛城の裏の顔デカすぎだろ(笑) 別に葛城に絡めなくても大槻氏だけで十分インパクト足りるのに(笑) ファンキーな方はなかなか、キャラもダサいセリフもうまくハマってて良い感じです。ファンキーじゃない方は予告編のべしゃりから棒でさすがにどうかと思いましたが。

ライダーや戦隊でレギュラー出演者の他にゲスト出演者というのが毎回いますが、映画だとセリフが棒な人がときどき居て困るというか目立ちますよね。上手けりゃ上手いで主役が霞んで難しいのでしょうけど(^_^; 悪役で凄みをきかせてるはずなのに棒、熱い想いを込めた感動的なシーンなのに棒、とかね、たまらんわ。本編だとそゆ人いないのにね(笑) 映画はお祭りだから許せってことかそうかそうだったのか。。。
posted by のりすけ at 00:48| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。