2018年02月21日

劇場『キングスマン:ゴールデンサークル』

2017年 イギリス
原題『Kingsman: The Golden Circle』
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジス、ペドロ・パスカル、エドワード・ホルクロフト、ソフィー・クックソン、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ハンナ・アルストロム、ポッピー・デルヴィーニュ、ブルース・グリーンウッド、エミリー・ワトソン、マイケル・ガンボン、ビヨーン・グラナート、キース・アレン

いやー、舞台をアメリカにもっていきたいがために本拠地と仲間を容赦無くヌッ潰してしまう潔さ。ロキシーをもっと活躍させてあげてくれてからではイカンかったのでしょうか・・・エグジーとロキシーの共同戦線的なアレとか。だめ?ハリー枠だから?そっかー。

ポピーが清々しいほどのぶっ飛びっぷりを見せてくれるので、我らがキングスメンもマジのガチのピンチに陥るわけでありますが、合間合間のユーモアが息抜きどころか心臓もしくは肝臓に悪い系ばかりで、あんまり休まらない。正直疲れる。

キングスマン壊滅も然る事ながら、ステイツマンも何気に一枚岩でないっつーか教育がまるでなってないっつーかなあたり、やはし正義の味方は大変なんだなぁと思う事しきり。マーリンまで逝くとかホントにキツイ(/_;) きっとジンジャーが尋常でなく優秀なおかげでステイツマンも存続できているのだろうことは想像に難くない。

ていうかハリーもしっかり頭撃たれてんのにちゃっかり復活とか実は納得いってなかったり。ハリーその人がキングスマンそのものだ、という評価もあるくらいですしエグジーひとりでは絶望的なんですよね組織として。なのに・・・なんつうか、あのなんたらジェルっていうのが雑。頭撃たれてますのよ?ほぼ即死でしょ?なんでそんなにあっさり復活しちゃうの?まぁ、こまけーこたーいーんだよ!!ってことなんでしょうな。派手にエグく痛快であればイインダヨ!と言いたいのだな。

あとアメリカを痛烈に皮肉ってるとかそーゆー面もあるらしいですけど私はよくわかりません。大統領がクズなのはよかった。患者をひとりずつカゴに入れてスタジアム的なところで積み上げまくる絵面とか、えらく豪奢でキングスマン関係者以外にも人が居そうなキングスマンの本拠地をあっさり爆破で生存者ゼロとか、雪山ゴンドラぐーるぐる!!とか(笑) とにかくインパクトがパネぇ。

エルトンジョンの活躍も目を引きます(笑) もはや筆舌に尽くし難い、じゃなかった絵にも描けない美しさ(錯乱) しなないでよかったね!

「エグく痛快な有様」では前作(http://catwatchamovie.seesaa.net/article/454229856.html)の"すぽぽぽーーーん"に完全に負けるけど、嫌な想像を掻き立てられる、しかも何度も、という点で勝っている。実に気持ち悪い(褒め言葉)

posted by のりすけ at 20:13| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。