2018年03月14日

劇場『不能犯』

2017年 日本
原作:宮月新(作)、神崎裕也(画)
監督:白石晃士
出演:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍

原作漫画は読んでません。読もうかなーと思ったら5巻だか6巻だか出てて、しかも完結してないらしいので。

とーり君は程よく気持ち悪く、ほんのりセクシーで、とってもおぞましい、背筋が凍るキャラクターになってます。髪型が変だけど。髪型だけは、漫画ちっくにしちゃうと絶対変なのでやめた方がいいのに・・・といろいろ観てて感じます(笑) ともあれ、気づいたら手に汗握ってプルプル震えてました。いやあ、凄い人になっちゃってるなぁ。

対するエリカさんですけど、どうやら原作では男性の役柄だったという名残がところどころ垣間見えて、正直キャラがしっくりきてない(笑) ストーリー自体は今のところ面白いので、というか落としどころをどーするのかによると思うけど、ちょっと勿体無いですね。"男勝りの女傑"にしてはキュートすぎるし、何よりあの靴でそんだけ走れるわけがないw

とーり君のキャラに人間味を持たせなかった分、エリカさんを人間味あふれるキャラにすれば良かったのに。表情が変わらなすぎ。

まっけん君の活躍が少なかったから文句言ってるわけではございません、念のため。何度見ても美しい・・・もっと脱ぐ役柄やってほしいです(あっ

不幸な目にあう登場人物たちの芸達者ぶりも楽しいです。いや楽しんでいいのかな・・・映画だからイイってことにします?つっても私はそんな得意なジャンルじゃないんで毎回「うへぇ〜(>_<)」って顔してましたけど。

催眠術なのか超能力なのか分からないけど、あんまり長々と話を引っ張らない方が良い気がするなぁ(^_^; どうなのかしら。完結させてくれんのかしら。

posted by のりすけ at 19:58| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。